「木」とファッションクラフトフェアジョイントシステムデザインデザインの目木工

クラフトフェア 31年目のベスト展示構成 仮設基本構造とKD組立什器デザイン ベンチワーク日野 健の独創 ジョイントシステム-26.

阿部蔵之|木とジョイントの専門家

 CFM31年、クラフトステージ裏方サポート、展示構成の実作に滲み出る才能は、公募審査こぼれ選外でも姿・足跡は刻まれる。多くの展示・什器の並ぶなかで、既視感がなくハットする斬新なアイデア、秀でた造形力は稀少。作品制作が精一杯で展示構成まで十分に手が回らず、本格的なディスプレイ器材までを一貫準備できる工芸家は少ない。作品にふさわしいプレゼンテーション、適度の装いと演出は、出展参加のセンスや力量を鮮明に語る。デザイン開発の可能性を見定めて評価を試み、仮設デザインの知見・手法をさらに深化させたい。

1985年以来、31年間に 約3, 000の参加者の出展作品を見てきました。優れた創作品を財布と相談せずに購入し、会場の写真記録を継続、クラフト作品のディープウオッチングとともに、展示構成器材も収録してきました。この膨大な参加作品展示実作を精査すると制作技能、造形パターンや構造の類型が明らかになります。
全国的なクラフトイベントの拡がりから、新しい才能を引き寄せ出展参加が増え、ユニークな造形センスや創作力が巡り会う中で、これからの活躍を予感させる新鮮なアイデアも現れるるようになりました。
プロは、搬入展示・アセンブル・作品・プレゼンマテリアル・演出・観客ゲストのつぶやき聞き耳・接遇の仕方・造形デザイン、搬出まで、制作者のセンスや様々な工夫、脳力・資質をしっかり観る絶好の会場です。全国から工芸志向の若手が一同に自費で作品発表する個展の集まりなのですから。

クラフトフェア・ベスト展示構成の要件

① 造形技法も創作であり、類示・既視感がないこと。機能の拡張性、展開バリエーションの多様度・転用性、シンプルデザイン。 Creative and Original
② 展示作品を魅力的に演出し、器材は主張せず、構造自体も造形が優れている。Art conscious and Back up
③ 売り場ではなく、制作実演・作品発表のプレゼンテーション・ゲストコンタクトの場としていること。Play and  Presentation

④ 分解・組立てKD Knock Down ジョイント機構がシンプルで搬入・搬出が簡易で作業性がよい。十分な構造強度,安全性が保持され低負荷であること。Joint works and Simple assembly
⑤ デリバリーは軽自動車バンに積載、コンパクトに畳むスペースセイビング。Economy and Compactability
⑥ 安い身近な素材で、手間コストをかけずに材質感を活かした造り。Cheap and Natural

⑦ 当日の天候やレイアウト変更にフレキシブルに対応できる。Flexible and Changeable

⑧ 主役のクラフト作品のイメージ・雰囲気を損なわない一貫性+調和・統一感がある。 Sence of Coherence
⑨ ゲストへの気遣い・もてなし・接遇の配慮が十分に裏打ちされている。 Entertain
⑩ 安全で信頼感がおける設営。開放感のある雰囲気で作品を鑑賞出来るオープン展示。Comfortable and Reliable

108 chaju
クラフトフェアー2015  屋外県の森公園ベスト展示構成作品

「販売目的ではないプレゼンテーション、作品を展示し造形創作才能をアピールする場」としている好感がもてる出展事例です。
プロのデザイナーコンタクト、アパレル産業の試作オーダーなどをコラボする提案型。売りものを並べるのではない、細部も十分に工夫されたクラフツフェア本来の望ましい展示構成として記録しました。

P1150742-1 P1180040-1

P1180034-1P1180035-1P1150735-1 P1150739-1 P1150740-1P1180036-1

杉板のシンプル架構「ハの字帆立ハンガー」簪型構造で緊結しない斬新な見世る、魅せる什器デザインです。

P1150741-1

応対カウンター機能がついて内側は収納部、作業スペースとなるので、見本市会場やリゾートでの更衣シャワールーム、災害避難所ステーション、物品一時ストックなど移動・短期仕様の仮設にも利便性が高い構造です。オプション応用デザイン用途はひろく、転用性はとても大きい。
公園のオープンスペースですので着替え、幼児のケアーにも利用可。利便性、退避保管スペースにも好適。この仮設デザインは、ビジネスシーンはもとより、臨時オープンスペースでも大いに活躍しそうです。

P1150734-1

P1180037-1 P1180360-1

P1180359-1P1180363-1

108 chaju Tailor Shirt 服飾「シャツのテーラーメイドと木工家具の提案・制作」 日野 由英・日野 健 (展示構成什器制作) クラフトフェアまつもと 2015

□展示構成要素 ハンガー2 台、試着室+受付作業カウンター+姿見+工房サインスタンド

 

P1220993-2P1220975-1

基本構造としての拡張・発展性があり、仮設デザインの利便性向上につながる。

 

連日 三度ほどブースに立ち寄り見学撮影、しっかり怪しい印象を持たれたる。

第31回 クラフトフェアまつもと 2015年は展示も充実し、確かな才能を感じさせる工芸制作者の姿が散見されました。中でも私が目をむいたのは意外な展示バックアップ参加の若手でした。自らの出展は公募審査にもれたため、当日は、連れ合いの展示ブースを設営しアシスト。木工部門の審査落ちで展示担当参加となる。
今までには無いシンプルなデザイン要素、多用途な独創性、展開と拡張性、KDノックダウン構造、搬入搬出効率にも注目しました。この実作仮設には、いろいろな可能性を感じます。クラフトフェア開始以来、最も優れている展示器材の構成でした。釈明は後からできます。陶芸やファブリック、メタル系に比べて、木工クラフトマンは自前で作品として制作でき、例年、他のカテゴリーに比較して出来映えの良い展示器材を準備していました。

展示什器類は、出展者のセンスや準備の力量を表わすので、粗末なものは人物評価を下げます。作品にふさわしい展示構成、バランスの良い什器も重要なプレゼン要素になります。凡様にみえる作品のベースや周辺にある長所利点を専門的に洞察していきます。なお、主役はテイラードシャツ作品ですが、エレガントで丁寧な造りを観客は良く視ていました。ウランかなでは、雰囲気もせこい商業的な印象になります。販売目的ではなく、ギャラリーやプロのデザイナーコンタクト、オファーを得るための提案参加。本来「クラフトフェアまつもと」の主旨は作品の公開展示や体験、出会い・交流なのです。

本来ならステージに登場できる新しい才能は、書類審査では選外こぼれる。

会場オープン展示で実作で確認できた、今までで最もすぐれたクラフトフェアのオープン展示構成・什器でした。木工家具部門の作品公募審査では選外、2016年今年も選外です。写真イメージでは実感は伝わらず、実物作品でないと本当の審査評価は難しい。

後日、京都西陣の工房を訪ねて木の手仕事作品を観るとともに、実作・創意考案の基盤、周辺要素を感得しました。20151004 AQ

□日野 健 略歴

1977 出雲市に生まれる
愛媛大学 農学部 生物資源学科 環境保全学コース 生態系保全 卒

花卉生産の道へ入る

京都にて京指物の魅力に触れ、自身の進む道を見つける

2004年 京都府立福知山高等技術専門校 家具工芸科 卒

2005年 九州・指物工房矢澤にて修行 矢澤金太郎氏に師事

2008年 京都・井口木工所にて修行 井口彰夫氏に師事

2011年 京都・西陣にて独立 「108 chaju」を設立

第6回 暮らしの中の木の椅子展 入選

伊丹国際クラフト展 2014 入選

第31回クラフトフェアまつもと 2015 108chaju 服部門として出店
京指物の繊細な佇まいや、それを成立させるための技術、文化的な背景や魅力を、現代の生活様式におとし込むことを製作の軸に作品を制作している。

2017 年11月 ニューワークショップを建築 屋号を「Bench Work Tatenui 」に変更

京都市北区紫野中柏野町から出雲市平田町へ移転

P1020103-1 P1020105-1 P1020106-1 P1020104-1P1020113-1P1020114-1

*作品は制作者の貴い創作物、知的資産ですから、真似・模造は許されません。

■新屋号 (2017年11月より)

Bench Work Tatenui

■ニューワークショップ

〒691 – 0001  島根県出雲市平田町5469 – 1

■ TEL. 0853 – 25 – 9394

■mail: bwtatenui@gmail.com

■HP:benchwork.jp

 

ⓒ 2016 -2018 , Kurayuki, ABE

All Rights Reserved. No Curation and No Business Uses.

複製・変形・模造・引用・転載・画像転用・キュレーション・業務利用を禁じます。作り変え、まとめサイト、ライター無用。

木の総合学研究 2016 「木工展示什器」「クラフトフェア会場展示構成」「KDノックダウンジョイント構造」

 

▼ お気軽に一言コメントをどうぞ

次の記事: