プロフィール

阿部蔵之 あべくらゆき

木とジョイントの専門家

三十年以上にわたり、「木と人とのかかわり」とジョイントテクノロジーをテーマに、世界中の文献や資料の収集、調査・研究活動を精力的に続けている。

日本と世界各地の、自治体・企業・教育機関・美術館などで多数の講演を行う。メディアへの寄稿のほか、木をテーマとした講座イベントや、展覧会・シンポジウムの企画とプロデュースにも積極的に関わる。

DSC07975 - バージョン 2 (1)

伝統工芸と建築・工業デザインの分野において、物と物、人と人を繋ぎあわせる「ジョイント」の専門家として活動してきたことをきっかけに、万物は「つながり」で結びついていることに気づく。その中でも特に人類が最初に手にした「木」という素材が、現代の産業や環境、そして生存資源・経済・産業・教育・文化に重要な根幹的役割を果たしていることに、いち早く着目しました。

1946年東京生まれ。千葉大学工業短期大学部 木材工芸科卒業。有限会社AQデザイン開発研究所・代表取締役、木の大学・代表運営委員。美術科中学校教員免許(工芸デザイン・二級)・千葉県教育員会。1967年 – 1970年千葉大学工学部建築学科 木材加工・室内計画研究室助手。1984年國政流(江戸指物)継承。 東京高等工芸学校木材工芸科の学識の流れと生家の國政流(江戸指物)13代相伝、伝統木工技術の本流を継承しました。デザインテクノロジーや環境資源等の新たな知見や学域を拡げ、木と人の関わりを再生循環系から「木の総合学」を考究しています。木を慈しむ次世代と近未来のために。

アメリカの木の家具の巨匠、ジェイムス・クレノフと親交。

1980年代より長野県松本市郊外・美ヶ原の山麓 標高1,300mにある仕事場を拠点に、国内外各地で活動している。

 

■ テレビ番組製作協力

テレビ番組への専門的アドバイスや資料・写真素材の提供。

2016 日本テレビ『ザ!鉄腕!DASH!!』ご当地PR課・福島県三島町・桐で作った巨大ブーメランは飛ぶのか!?

2016 テレビ朝日製作・ネット報道番組『Abema Prime』間寛平×木登り

2016 TBSテレビ『この差ってなんですか?』並木道によく使われる木

■ プロデュース >>

1986〜1995 , 2009・ 2015 「木の大学講座」開講・運営 >

1991 「WOOD WORK SUMMIT ’91」企画・開催 >

1986〜1990 岐阜県主催「木の国大学」企画・参画 >

1985 「木と人間のかかわり」シンポジウム/展覧会・総合ディレクション(主催:日本デザイン学会、後援:通商産業省、林野庁、文化庁、朝日新聞)>

■ 講義と出演 >>

国内外の企業や学校、政府機関、美術館において、1975年以来、精力的に講演や講義を行っている。林野庁、岐阜県・富山県林政部、岐阜県森林組合での講演多数。テレビ東京、テレビ朝日出演。

1991,2001, 2016 名古屋芸術大学デザイン学部特別講座「デザインテクノロジーとしてのジョイントシステム」「材料学」

2011 名古屋芸術大学公開講座「デザインと文化 木のデザインとウッドワーク」

2004 ドイツ Marta Museum, Herford 「組手と日本の木工文化について」

2003 Erwin Thoma 新月伐採講演イベント 司会・国際交流 南会津舘岩村(株)オグラ

1988〜2001 親交のあった工芸家ジェイムス・クレノフのカレッジ(カリフォルニア州)で特別講義

他  講演・講義 詳細:http://kurayuki.abeshoten.jp/lecture

■ 著 作 >>

雑誌・ムックのほか、家具・木材業界誌等に寄稿。ジョイントシステムに関する研究発表(日本デザイン学会)。「クラフトフェアまつもと」 開催前からサポートして冊子・記録に寄稿。

2016年5月、家業の13代國政流相伝を意匠・技法の研究成果とともに「組手 江戸指物の美」と題して本にまとめ、出版しました。(別掲載)

■ デザインと製品開発 >>

■ 研究と調査 >>

■ 問い合わせ >>

 

紹介記事

木工家具のデザイナー & 職人・杉山裕次郎氏『《 阿部蔵之 》という人』記事 >