プロデュース

「木の大学」講座 

企画・プロデュース、運営

さまざまな分野の優れた研究者・専門家を招待し、「木」という切り口から横断的に人間の生活・産業・環境について学ぶ講座。10年にわたり、毎年夏に茨城県つくば市で開催。以後、不定期開講。

1986〜1995, 2010, 2015

詳しい情報 >

 

WOOD WORK SUMMIT ’91 

企画・プロデュース、運営

世界各国から木の物づくりに関わる一流のプロを招聘し、「木を活かし、木とともに生きる」をテーマに、長野県・美ヶ原で開催。

1991

詳しい情報 >

 

岐阜県「木の国大学」

企画・プランニング、司会、講演

森林資源の豊富な岐阜県で、様々な木に関わる産業の新しい方向性を見出し、次世代につなげるための様々な専門家を招いたイベント。

主催:岐阜県

1986〜1990

詳しい情報 >

 

「木のジョイントシステム展
國政流変形枘・逆枘 組手系譜」個展

代々、門外不出・一子相伝とされて来た、江戸指物「國政流」十三代・阿部 明(都匤)の仕事を、史上初めて公にした展覧会。

ギャラリースペース21

1985

詳しい情報 >

 


「<木>と人間のかかわり」
シンポジウム/展覧会

総合ディレクション、シンポジウム司会、デザイン

主催:日本デザイン学会、後援:通商産業省、林野庁、文化庁、朝日新聞社、協賛:京王帝都電鉄

1985

詳しい情報 >

「Books: to have, to be with wood」
東光堂書店・洋書カタログ

プロデュース、デザイン

木と人間のかかわり展1985 展示に連動して、阿部藏之の蔵書から入手可能な198点を選び、領域別・内容別分野に別けて解説を付記。 国内のデザイン・家具・木工関係・教育機関に配布して、相当数の販売につながり、資料の集積に一役を果たした。A4/43ページ

PDFダウンロード(一部ページのみ抜粋) >

岐阜県「グリーンパイロット 〜 森の案内人」事業

岐阜県から依頼され、森林組合の林業エキスパート達が「森の案内人」として活動することを組織的に実現。都会の人の森林体験を促進するとともに、山村対策として若手育成や新事業立ち上げに貢献した。プロジェクト構想、プランニング、実務の業務計画、シンボルマークデザイン、講演会などを、阿部蔵之が総合的に行った。

クライアント:岐阜県(林政部 森林山村対策課、同林業振興課)、岐阜県森林組合連合会

1994〜1995

 

木材産業・新業務開発プロジェクト

企画・提案、ディレクション

福島県南会津郡の木材産業のために、様々な革新的サービスや仕組みを提案し、実現させた。

クライアント:(株)オグラ

1994〜1999

ウッドバンク 購入した木材を産地に預けてメンテナンスを一任し、必要な時にデリバリーするという、木材流通を変える試み。保管コストが高い都市部の建築家や工務店・工芸家などから好評。産直のためコスト低減。

伐倒・製材見学会 木を切るところから製材までを通して見学する珍しい試み。その材料も低価格で購入が可能で、売上げアップにつながった。

マテリアルコネクション 楽器製作者や仏師など、特別な質の木材を真に必要とするプロフェッショナルと、最良の木材を結びつけるシステム。

月刊 木くばり 広葉樹のサンプルを定期的に届けるサービス。

 

FIRD(家具産業研究開発機構)リソースセンター設立準備

イギリス・FIRA(家具産業研究開発機構)より依頼を受け、日本国内の新拠点設立の準備を担う。

1982〜1983

 

<以上、主なプロデュース・プロジェクトの一覧>