クラフトフェアジョイントシステムデザインデザインの目工芸木工

アクシデントの起きなかったクラフトフェアー35年、目を見張る秀作移動展示棚と危ういデッドコピー|オープンエアー地ベタ・めいっぱい陳列無理展示がワンサカ |倒壊の予兆を示唆するソリューションズ 2019

阿部蔵之|木とジョイントの専門家

JPクラフツフェアーイニシアティブ 1985 – 2019

 頼まれなくても、トラブル前に現場で対処。アクシデントを察知すれば、未然に手立て・知見を伝えます。手順や身体記憶がトラブルや事故を呼ばないことに気がつくまで時間がかかります。「時に遅し」を回避、呼ばれなくても、遭遇すれば手を下し、そこにいるのがプロフェッショナル。

概歴

 CFMの35年間、クラフトフェアー当日の会場では、ますます来訪者人出が多くなり、お金の匂いがするとヤクザ・テキ屋がやって来ました。往時は、無断参加一件も実行委員が追い払い。駐車違反パトはやがて蚕糸公園Pで解決。幸い、事故やトラブルには出会いませんでした。例年、楽器は少し響き、アナウンスも迷子のお知らせ、保育ルームの案内がある程度。五月の爽快で平穏な会場の賑わいです。

実際、歴代多くの運営スタッフの尽力が大きく、出展者各位の心意気も優れ、跡を濁さず、見事な所作振る舞い。更には、来訪者ゲストの良識ある美の探求気質にも大きく支えられています。

 遠來の出展参加者の感想では、「数万人の来訪者は人酔いするほど。観るだけではなく購入目的で訪れ、他のイベントと違う。個展においでになるように、観覧マナーがよいことも印象的」と。会場の雰囲気や性格をおしなべて高く評価されています。

「アクシデントには、起きる前に伏線や兆候がある」現場感覚や身体記憶の稀薄化を察知するプロの視点から

 展示スペースでは個性満ち溢れ、ガシャーンvv、バターンzz、ボカーンxx 倒壊破裂もなく、ゴミ捨て・盗難は僅か。次第に大規模化すると、未経験スタッフの手伝い、商品棚持ち込みで危ういシーンを散見するようになりました。制作出展経験が浅く、陳列棚的コマーシャル展示では、勢いケアレスミスからアクシデントが近づいてくるのだとヒシヒシ感じています。

言い替えれば「才能の出会い、作品発表や観賞の塲として」が販売志向にシフトし、マーケット化する瀬戸際なのです。例年、出会った出展参加者の多くは販売塲所として認識。

オープンエアー公園の地べたに手仕事を魅せるために工業製品量産機材を持ち込む無理

 近年、室内展示什器をそのまま公園緑地へ持ち込むケースが増え、接触して倒壊する恐れがあるものをみるとハラハラ。室内展示什器をそのまま持ち込むケースでは、接触して倒壊する恐れがあるものが目につくようになりました。支柱アンカー打ち固定はしないフリースタンディング。強風・荷物ぶつかり、地震で倒れます。

切ったり、ぶつかったたり、担いだ実体験がないとピンとこない構造感覚。プラスチック人工合成材がまん延して、質感やボリューム質量感覚がちぐはぐになりました。物を載せていくと重心が動き、手が触れれば構造バランスが不安定になるというリアルな現場感覚は稀薄です。人混みで、これ以上は危ないという限界もつかめない。作者が居て、美の属性からクラフト作品は無闇に触らず、倒したりしないのですね。

構造強度、安定バランス感覚、先行デザイン制作物把握の不足

 スタイリッシュデザイン偏重、華奢で見てくれの造りが広がりました。形・構造だけを安易に真似ると、見えない部分の工夫やまつわりつく属性はそがれてしまう。本来、似たようなクラフトワークは、表に出て来てはいけない。先行アイデア、類似品を十分にしらべないとモノマネ・剽窃になり、アートクラフツの世界では致命的です。もっとも、既往の記録や刊行資料を調べられるライブラリー、アーカイブスがまだありません。準備段階です。

(※撮影画像はCFM 2009 – 2019年 |出展者名不詳。以下、貴重な記録とご教示に活かせるので有り難く感謝します。)

■ガラス作品 2018 ^2019 のハイリスク・ヒヤヒヤ展示に寄せて

倒れるほど高く積み上げ、光りを取り込み、ガラス作品を並べ、砂混じりの地べたに置いただけのフリーススタンディング。倒したら大変、通路脇では離れて観ています。

屋外展示では、突風や混雑でぶつかり、倒れる危険性があります。アンカーでしっかり固定し、構造フレームを縛り連結する配慮が必要なのですが、遠巻きにごわごわ見ていきました。危なげない、事故を呼ばない展示架構、これだけは現場経験がものをいいます。転がり倒れれば学習するのですが、パブリックスペースではまずい。保険をかけることはできるでしょうか?

1985年以来、ほぼ全ての参加出展を記録してきましたが、第20回あたりから既製の展示什器や骨董道具を転用する傾向も目立つようになりました。演出までする必要はないのですが、作品を際立たせ、魅了するプレゼンテーションの手立てもあるのです。

 

才能や造形センスを感じさせる創作力より、売りたい願望、商品を見せていませんか?

 目一杯並べると才能を観てもらうことは二の次、商品棚・販売展示台となります。ゴチャクチャならべれば、お互いに食い合い、干渉して個々の作品の性格や属性を歪め、雑多の印象を与えてしまう。松本陶芸市ではないのです。

 

往年の鉄筋・スチール脚立型KD展示棚

 

また、作者のセンスや才能を魅せる場でありながら、商品展示の値札が出しゃばるのは台無し。手にとって見てから値段を知るほうが値踏みではなくなり、購入動機を促します。

細鉄筋脚立棚脚は安上がり、嵩張らないので、2009年頃からポツポツでてきました。他の制作者と類似イメージを与え、砂混じりの地面で足元は不安定ですが、フレームを連結すると安定します。陶芸作品展示には、類似した構造が多いわけが有りそう。

構造的な安定性と造形的処理の巧みさが感じられた移動展示棚

重量バランスに板厚を変え、地ツキを拡げる。アングルフックジョイントフレーミングに分割した棚板を載せてタイトに。連結ヒンジ部の揺動吸収、脚先プレート付きで接地も安定させた良質汎用デザインに感心しました。目線も邪魔しないプロの仕事です。

どの作品展示構成もクラフトマンの手仕事・造形表現、著作物

漆工作品展示折り棚 Collapsible  Shelves : CFM 2011  脚元をペグで固定し転倒防止 展示制作: 酒井芳邦(漆工芸家)

●ソックリ棚:CFM 2019  皮革バッグと漆工展示

クラフト作品の安全な展示構成は造形表現の基本

 新規性に富み、類似・既存・既視感のないフレッシュな次世代の力量を観ています。他の展示器具をマネスルのは、造形力をアピールする塲では、極めてプアーで惜しい。前出物より格段とすぐれたものを創り、観るものを唸らせる、素晴らしい尖った才能と巡り合える機会なのですから。

それでは、トラブルに繋がらない好感度高い展示プレゼンテーションのために

① アイレベルより高くしない。ガラス・陶器・漆器は、倒れればお仕舞い。

② 他者作と似たモノは出せない。工芸造形家のセンス、プライドにかけて

③ 工業製品・古道具のそのまま転用は、目立ちのさばり、引きずられてしまう。

既製のチープ &プアーなイメージを被り、おそまつです。

④ 什器類の転倒防止 地べたは不陸、不安定。ぶつかっても損壊しない支持補強をしっかり。

⑤ 搬入・組立・分解・搬出作業要領のガイダンス 天候激変、衝撃・風倒対策を講じる。

⑥多く並べるのは売り場的。作品の魅力は薄れます。

 

一度あった準備中の倒壊 / CFM 2017

会議用組立てテーブルに板材を立てかけ置き。ひっくり返りドスーン。裏側の作業スペースで来訪者に影響はなく、板材は直ぐに片づきました。これを目撃してから、改めて安全な展示台・棚ものの足元に視線が止まります。手伝いは臨時のスタッフでした。

 手仕事の強みは、オリジナルを自ら創り出せることであり、時間をかけ、造り込んだ作品は際立ちます。丹念な作品は、直ぐに手が伸び、購入されるシーンを多く見てきました。遠路やってくる来訪者の目利きは多いのです。毎年、幼児子供連れの家族も展示物への配慮が観られました。実感として、クラフトに関心のある方々は、服装・持ち物もユニーク。マナーを心得ています。最近では「意識が高い」というようですね。

 

ⓒ2019 , Kurayuki Abe  All Rights Reserved.  No Curation and No Business Uses.

複製・変形・模造・引用・転載・画像転用・キュレーション・業務利用を禁じます。まとめサイト、ライター、ロボット無用。

※ 近日、著作権法改正による無断ダウンロードが制限されます。閲覧のみにしてください。

木の総合学研究 2019  「クラフトフェアーイニシアティブ」「屋外展示什器の安全な架構・構造デザイン」「オープンエアー展示スペースアクシデントゼロ|転倒防止配慮」

 

▼ お気軽に一言コメントをどうぞ

次の記事: