「木」と医療「木」と食「木識・木学」フルーツウッドメディカルウッド日本の自然色木の総合学木花・木の実薬用樹木

杏子フルーツWの医食同源プラス美質・修援作用 |ピンク材色は生命維持有機ケミカル成分の蓄積 | 抗菌力・抗体反応が示唆するメディカルウッドワーク高度利用 Insight 木の内科−48

阿部蔵之|木とジョイントの専門家

樹体内で起きている防衛抗体活動・生命力を観るには、玉切りカット面の抗菌ガードと芯央からのリアクション、抗体色素移動や損傷ダメージへのセルフキャーがリアルに見事に語ります。「本草漢方」の時代を越え、ようやく樹木の生命維持力を知り、「メディカルウッドワーク」として高度利用への手掛かりが見得てきました。医食同源は、素材まで耀き出します。

受創ダメージにダイナミックに反応するフルーツウッド 伐採時がリアルな姿を観るベストタイミング

材色の変動がおきるのは、生命維持のための樹体反応ですが、立木外部からは全く見えません。
昆虫・微生物の侵入へ抗菌アタックや腐朽抗体バリアを造り防衛します。損傷・ダメージ部へのセルフキュア・ピンク色芯央を囲むグリーンの縁帯は、抗体色素の集積で抗菌・治癒アクションが激しく動いています

芯央色素集積・患部修復・治癒、抗体ガードの発現

材色は、虫菌防衛のために色素を生成し、芯材・枝節・内皮などに蓄積されています。緊急時、感知すると速やかに分泌滲出し、ダイナミックに生命維持をはかる生体機能が動きだす。音も無く、劇的です。異変・痛みが伝わるセンサーがどこにあるのか。スイッチは細胞ブロックかローカルなのか。脂だまり・色素集積組織が出来たり、患部への補給凝集が起き、中枢統合がない不思議なミクロの伝達経路です。

「杏子」バラ科サクラ属 | 野生化した杏子樹 50 yrs. 厳冬期新月伐採2018

芯央から辺材部内皮へピンク抗体色素移動 ・集積の様子

 

枝節への抗体色素揚がり

伐採後一日 内皮・辺材芯央部のカット面の全体色変をみる

半年後の元口と材質

生材カット

幹外皮  2018 厳冬期新月伐採木ファミリーと春の 開花

 

ナチュラルシーズニング進行中 「バラ科サクラ属 」峰桜 (左)と杏子(右)

 

メディカルウッドワークに好適な性質はすでに把握しましたが、長期ナチュラルシーズニング後に際立つ特徴を記載します。香り成分や深みをますPatina、 色調変化にも注目します。ソリッド材にも含有し、材色はケミカル成分そのものです。

ⓒ2019 , Kurayuki Abe

All Rights Reserved. No Curation and No Business Uses.

複製・変形・模造・引用・転載・画像転用・キュレーション・業務利用を禁じます。作り変え、まとめサイト、ライター、ロボット無用。

※ 近日、著作権法改正による無断ダウンロードが制限されます。閲覧のみにしてください。

ⓒ2019 , Kurayuki Abe

All Rights Reserved. No Curation and No Business Uses.

複製・変形・模造・引用・転載・画像転用・キュレーション・業務利用を禁じます。作り変え、まとめサイト、ライター、薬メーカー、ロボット無用。

※ 近日、著作権法改正による無断ダウンロードが制限されます。閲覧のみにしてください。

木の総合学研究 2019 「杏子の損傷ダメージ治癒、抗菌・抗体」「芯央色素の生成移動、ケミカル成分」「漢方薬用有用樹種のメディカルウッドへの活用」

 

 

 

 

▼ お気軽に一言コメントをどうぞ

次の記事: