クラフトフェア工芸

シンプルフォルムに量感と光の繊細な表情を融合する 木村 明のガラスアートクラフト クラフトフェアベストプロダクト -9

阿部蔵之|木とジョイントの専門家

 クラフトとアートの境界を外して加飾を抑制し、ナチュラル・シンプルモダンを越える造形手法を追求。光素材がもつ自然光の回析を捉え、新しいフォルム・実用美の可能性を拓き続けるスタジオグラスワークは、傑出したクリエータ30年の作品軌跡となりました。

 おきまりの規格・類型には納まらないフリーハンドワーク。大胆でマッシブながら丁寧で繊細な表情を作り出す技量は、あくまでも基本を尊重。ボリュームのある厚モノを得手として、自然光の回析で内部から屈折する輝きを引き出す。無機質のプレーンな光素材に「ゆらぎ」の柔和な感触と暖かい肌目を付与、美しく気品のあるフォルムに仕立てます。日本のスタジオグラスワークの草分け的先達クラフトマンの一人です。

P1150518-1
「色のかけらのボウル」2014制作 クラフトフェアまつもと2015年5 月出品
  大 : 230+-  x  65 – 70 Hmm   平底径約160mm   984g       小: 150 – 156 x 65 – 67 Hmm   443g

 明快で伸びやかな形、おおらかな厚みに美しい繊細なモールテクスチャーを着装

 完璧さの手前まで造り込み、新たな造形領域を繰り広げ、常に多彩な試みを重ねる多作の時間を持続してきました。ほとばしる程のアイデアで数量をこなすクリエータハンドから生まれる作品の性格はあくまでもシンプルが基調。 光の入射角度・入れる物で表情が変わります。
 成形仕上げ肌の「モール絞目」は握り易くすべりにくい。ガラス特有のクールな硬質イメージは、タップリ存分に材料を使うことで暖かみを帯びてきます。溶融炉から引き上げるガラス種を安定した無理のない手仕事で形を整え、美しくもタフでロングライフの実用クラフトを制作。洗うときに欠けたり、割れそうな怖い感じがしない頑丈な出来映え。フローリング床に落ちても割れないというユーザーレポートもありました。
 暖かい親しみの深い雰囲気を食卓や日々の生活に光彩を添え、華やかに装い協奏する作品 – – – 四半世紀使い続け、ベストクオリティプロダクトとして評価してきました。 創作への情熱は、溶融炉の種ガラスのように熱くさらに続きます。

第3回クラフトフェアまつもと1988 -2007、 第31回 2015 参加出展

P1150520-1 P1150533-1 P1150528-1 P1150510-1P1000979-1 P1000980-1 P1000981-1

 

P1010369-1 P1010358-2

「色のかけらのタンブラー 」2014年制作

・白桃 径 102 x 100 Hmm   底研磨 45 mm   265g
・黄白紫 径 110 x 98 Hmm   底研磨 44 mm   263g

作品の量(ボリューム)をこなしていくと質の変化が起きる

工房制作では、ほぼ一年を通じてカレット溶融炉に火が入ります。実作過程の内で次の作品イメージが浮かび、新しいアイデアや技法が生まれ、制作意欲が高揚し持続してきました。このコンテンツに掲載したクラフトフェア出品記録の他、オブジェクトなどギャラリー展示の多様な造形作品があり、造形家の資質を際立たせています。同時に、固定化されているクラフトイメージや用途を越えるユニークな使い方やディスプレイに繫がります。

「食器」「オブジェ」「テーブルウエアー」「盛器」「華器」「花器」「菓器」「慶器」「装器」Decor など、浮揚するジャンルも多彩、使い手にサゼッションを与え、美的センスを触発します。作品は造る傍から販売してきましたので、全容を観る事ができませんが、習熟・練達の手仕事、オリジナル作品の連続展開と多作は、秀でた才能のほとばしり。実際に使うと雰囲気や意外な表情の変化に気づきました。

NORTH WIND グラスアートクラフト(宙吹き・ハンドモール ・ソリッドワーク・ピンブロー・キャステイング・研磨)1988  – 2015

私が選び購収蔵してきた作品は、クラフトフェア出展初期から現在までの30年ほど。木村 明の創作手仕事の全体を閲覧出来るタイミングとなりました。ほとんどの掲載作品は、搬入展示準備中に開梱を手伝いながら選別購入ししましたので、多くの人目を集めず、県の森会場ではアイシャワー不足でした。あらためて優れたクラフト作品全てを掲載します。ギャラリー個展出品とはまた別のカテゴリーで、ご覧いただける優れた作品の初公開コンテンツですが、実物の迫力や存在感、魅力的な質感は届きません。実際に収蔵展示できるクラフトハウスミュージアム構想を実現したいものです。「クラフトフェアまつもと」は、多彩な優れた才能が開花する土壌になりました。

(撮影は全て自然光)

タンブラーグラス

P1000627-1P1000633-1

 

 P1000744-1P1000728-1

・1991 クリスタルタンブラー   口径:83 – 84 x 82-88Hmm / 225g – 241g   モール絞霰目ゆらぎ  底研磨 /サイン:A.Kimura      6pcs      (バックはトネリコ柾目挽板、芯部ボタン入り)

 P1000730-1P1000719-1

・1992 タンブラー(スーパー楕円くずし)口黒縁  口径:75 – 85 x 92 – 95Hmm/ 307g – 340g    6pcs.   底むくり/サイン:A.Kimura   6pcs
P1000748-1P1000761-1
・1994 タンブラー(丸尻)クリアーガラス モール斜線絞(柳葉ゆらぎ)  口径:84 x 97Hmm/ 422g  むくり底 /サイン:A.Kimura
P1190511-1P1190512-1
P1190507-1P1190498-1P1190501-1P1000514-1
・1997  タンブラー クリアーガラス モール斜線絞(柳葉ゆらぎ)口径:87 – 88 x101 – 105Hmm / 337g – 362g    底径 70mm/フラット/サイン:NORTH WIND   10pcs.
P1190518-1P1190514-1
・1993  タンブラー  円筒丸底 S クリアーガラス   口径:87 – 89 x 88- 94Hmm / 275g – 299g  底 研磨 /サイン:A.Kimura   3pcs.
P1000785-1P1000735-1P1190409-1
・1995  タンブラー  円筒丸底 M   クリアーガラス   口径 : 91 – 93 x 94- 97 Hmm/ 302g – 375g 底 研磨 /サイン:A.Kimura   5 pcs.
・1996  タンブラー  円筒丸底 L クリアーガラス   口径 :95 – 97 x 98 – 100 Hmm/ 383g – 406g   底 研磨 /サイン:NORTH WIND  6 pcs.
*木目は自然のゆらぎなので、無機質人工素材のガラスと有機樹木・自然アート素材の質感対比で相互に引き立てる視覚的な演出効果を生みます。
樹種により、柾目・板目の木理のベストマッチング、作品の性格・イメージが変わります。トネリコ・柾目挽き板は力強い清浄感があります。バンドソー挽き肌がいい感じです。プレーナー・超仕上盤、手鉋の平滑な面精度の高い木理は、プリント人工化粧板に見えるようです。上質で綺麗すぎると「ウソっぽい」と。真物を観たことがないので目が識別出来ないのです。
P1190472-1  P1190481-1
・1998  ブルーグラス 口径 : 94 – 100 x 120 – 129 Hmm / 391g – 502g     モール斜線絞(柳葉ゆらぎ)底径 70mm /サイン:NORTH WIND    12 pcs.
P1190383-1P1190385-1
・2001  ブルーグラス 口径 : 98 – 120 x 120 – 129 Hmm/ 432g – 454g  モール斜線絞(柳葉ゆらぎ)底径 70mm /サイン:NORTH WIND    4 pcs.
P1190359-1P1190362-1
P1000827-1P1000830-1
・2001 ロックグラス(L)  (五角面取りモールド・バッカス盃型)    口径 : 102 – 108 x 105 – 112Hmm / 560g – 620g   五角底 /サイン:NORTH WIND     5 pcs.   サイン無し 底研磨   2pcs.
P1000922-1P1000917-1
・1997 ヘビーロックグラス 厚底中球気泡  口径:82 x 102 Hmm    809g    底丸囲み四角模様サンドブラスト
P1000772-1P1000770-1P1000779-1
・1984  グラス 円筒形 L/M/S  (モール斜線絞 / 緑・バイオレット・マリンブルー 3Cスラントカラー) S: 口径:70 x 112 Hmm    平底 / 297g  サイン:A.Kimura     M : 口径:80 x 112 Hmm   平底 305g    サイン:A.Kimura       L : 口径:82 x 112 Hmm   平底 316g  サイン:A.Kimura

ボール(宙吹き・ハンド成形)

P1190483-1P1190487-1P1190486-1
 ・2001  平ボール 淺型(透明ガラス)底研磨・サイン無し 3pcs. :径 138 – 145  x 41- 42 H mm    329g – 348g
深型 (透明ガラス)底研磨・サイン無し 1pcs. :径 145 x  45H  mm   397g
・2005   平ボール 深型(透明ガラス)丸底研磨 :径 114 x  145  x 62 H mm    347g
P1190543-1P1190545-1
・2005  平丸ボール 淺型S (透明ガラス) 底研磨 :径 114 x 62 H mm    347g  底研磨 :径 150 x 50 H mm    356g    2pcs.
淺型M (透明ガラス)底研磨 :径 175 x 51 H mm    492g     淺型L(透明ガラス) 底研磨 :径186 x 57 H mm    638g
P1000593-1
2005  平ボール  コッパービーチ色  径 140 x 62 Hmm   303g    底研磨サイン無し  マリンブルー色   径 132 x 59 Hmm  294g   底研磨サイン無し
P1000588-1P1000589-1
・2005 花びら縁ボール・盛器  小(イエロー)142 x 72 Hmm  466g  底研磨 /サイン:NORTH WIND  底研磨 / サイン:
NORTH WIND   大(バイオレット)192 x 80 Hmm  680g  盛器高台付:145 x 70 Hmm 467g  底研磨 / サイン無し
P1000943-1P1000960-1P1000958-1
・2007  平底ボール 縁付(透明ガラス)口部折り返し 径 160 x 84 H mm    752g      底むくり研磨 /サイン: NORTH WIND
P1000596-1P1000600-1P1000599-1
・2007  透明な泡のボール・丸底深(L)   縁グリーンライン  径 207 x 107 H mm    1,160g   底むくり研磨 / サイン:A.Kimura
・透明な泡のボール丸底深(M)入れ子  縁グリーンライン 径206 x 191 H mm    9500g   平底 サイン:A.Kimura
P1000560-1P1000558-1
・2007  透明な泡のボール深鉢(クリアガラス) 181 – 188 x 73 – 74 Hmm     574g -621g     2 pcs.   底フラット研磨 46mm / サイン:NORTH WIND

コンポート(宙吹き・ハンド成形)

P1190389-1P1190387-1P1190388-1P1190397-1P1190567-1

・1997-1998  ブルーコンポート・盛皿  (宙吹き・多段面取りハンドモールド)
淺型  : 径 245 x 53 Hmm  708g    底研磨/ サイン:North Wind
中深:径 237 x 60 Hmm  603g   底研磨/ サイン:North Wind
深型:径 242 x 65 Hmm   873g    2 pcs.  底研磨/ サイン:North Wind
深型L:径 265 x 90 Hmm  1,254g    底研磨/ サイン無し
コンポート・盛皿
P1190639-1P1190638-1
・1992  盛皿 (透明ガラス) 205 x 55 Hmm   893g  底研磨 48φ  サイン:A.Kimura

P1000879-1P1000885-1P1000883-1P1000874-1P1000876-1P1000877-1P1010328-1P1010331-1

・1996 – 1998   (底サンドブラスト加工 グラフィックス:木村 泉  、サイン:NORTH  WIND )
淺型
星入り  径 259 x 33 Hmm  671g
岩山の端 径 268 x 36 Hmm  760g  –  径 273 x 37 Hmm  782g   2pcs.
岩山の蔭   径 247 x 37 Hmm  671g
中深
太陽方位  径 217 x 43 Hmm  584g   底むくり
スロープ  径 269 x 41 Hmm  840g
深型
抜合せ   径 272 x 54 Hmm  760g
山脈端  径 246 x 53 Hmm  838g
抜合せ  径 263 x 51Hmm  1,109g
小皿(平)
階段 径 152 x 26 Hmm  269g
鼎  径 172 x 26 Hmm 312g

プレート・平皿

P1000710-1P1000726-1P1000896-1
・2001   オレンジプレート  L・S   径:206 x 31 Hmm 533g  径:184 x 33 Hmm 537g   底R研磨 / サイン:NORTH WIND
P1000575-1P1000576-1P1190469-1
・2001 大皿   径:300 x 70 Hmm  1,818g   底研磨:スーパー楕円にアップル サイン:NORTH WIND

水差し(宙吹きハンド成形)

P1190432-1P1190430-1P1000654-1P1000652-1

・2003  水差し   大:菱口 125 x 105 x 210 Hmm   角底 110 x 110 mm  1,202g       小:菱口 103 x 98 x 165 Hmm  角底 80 x 80 mm    734g

P1190457-1P1190461-1P1190456-1P1190465-1P1190458-1P1190463-1
・2004  テーブルピッチャー  スカイブルー 口:140 x 102 W x 195 Hmm 、腹:100 x 140 mm   扁孤  950g

花器

P1190415-1P1190411-1P1190412-1
・2007 天使の翼付 (透明) 口径 83 mm 腹109 x 130Hmm 507g  (グリーン)口径 83 x 腹108 x 140Hmm  578g 底サイン:NORTH WIND (使用品)
・2008   天使の翼付(バイオレット)口径 50mm 三角錘形底110x105 Hmm  595g   底サイン:A.Kimura
* デカンターに使用

花器

P1190335-1  P1190340-1P1000612-1

 

P1000942-1
・1990   四角ナデ肩ベース・大 (マリンブルー)口径 70 mm   ボディ:135 x 140 x 240 Hmm 1,758g  (使用品)底サイン:A.Kimura 1990
P1000623-1
・1991 四角ナデ肩ベース・中(スカイブルー)口径 50 mm   ボディ:120 x 115 x 240 Hmm 1,063g  (使用品)底サイン:A.Kimura 1991
P1000615-1
・1999   四角ナデ肩ベース・小 (ダークアンバー)口径40 mm  ボディ:110 x 115 x 170 mm  907g   底サイン:NORTH WIND 1999
P1190451-1P1190454-1P1190522-1
・1995 – 96 シリンダー型ベース (宙吹き )ウエーブグラフィックス・サンドブラスト加工:木村 泉  フリーハンドパターン 口径105 mm x 165 Hmm 1,651g   枠付定規パターン 口径 103 x 190 Hmm  1,451g     底サイン:A.Kimura  (使用品)
P1000984-1P1000991-1P1000997-1
・2003  角型ベース (透明) 135x 138 x 160 Hmm  平底 120 x 130 mm    肉厚9T    サイン:A.Kimura   1,735g
P1000820-1P1000814-1P1000817-1
・1993   一輪差し 口径:80 x 250 Hmm   760g
P1000582-1P1000584-1
・2003 一輪差し 縁取り:バイオレット 口径72 x 座120 x 280 Hmm  1,032g  底サイン;NORTH WIND
・2006 一輪差し 縁取り: ピンク 口径 66 x 座110 x 270 Hmm  714gg  底サイン;A.Kimura 2006
P1000873-1

 瓶型花器

P1000861-1P1000865-1P1000868-1

・1994   透明ガラス瓶花器 口径 72 x ボディ93 x 221 Hmm 770g    口径 68 x ボディ91 x 206 Hmm  733g      口径 43 x ボディ70 x 180 Hmm  526g      口径 48 x ボディ81 x 173 Hmm  629g

P1000858-1P1000855-1P1000856-1
・1994  ブルー瓶花器   口径 60 x ボディ86 x 195 Hmm  687g  口径 65 x ボディ100 x 192 Hmm  858g
P1000853-1P1000848-1
・1994 バイオレット瓶花器 口径 67 x ボディ82 x 148 Hmm  612g  口径 58 x ボディ100 x 186 Hmm  638g
P1000851-1P1000849-1
・1994 カッパールビー瓶花器 口径 63 x ボディ97 x 197 Hmm   870g
・1994 ダークアンバー瓶花器    口径 65 x ボディ84 x 194 Hmm   658g
*透明ガラス@¥2,800-  色ガラス@¥3,300- / 19950107 作家出し価格)
P1190349-1P1190347-1
・1997 透明瓶花器     182H x 98  口径 52 mm   479g        172Hx 95 口径52mm    527g       164 x 97   口径52 mm   488g       156H x 93 口径47   495g (むくり底North Wind マークサンドブラスト 木村 泉)

 デカンター(宙吹き/ソリッドワーク)

P1190420-1P1190422-1

・1995    大:口径53 x ボディ92 (底 86 )縁ベージュ x 290 Hmm   851g   ボディ:モール斜線絞(柳葉重ね)ソリッドガラス栓 30 – 16 x 154   サイン:A.Kimura

 小:   口径50 x ボディ96(底 92)縁グレー  x 255 Hmm  1,104g    ボディ:モール斜線絞(柳葉重ね)ソリッドガラス栓 327- 12 x 130  サイン:A.Kimura

酒瓶 クリアーグラス(宙吹き・栓ソリッドワーク)

P1190416-1P1190418-1

1998  S : 125 x 81 x 125 Hmm   口径 43  栓 : 径27 x 15 x 120mm  扁孤  698g      底研磨  サイン:A.kimura

  S : 122 x 89 x 135 Hmm   口径 47  栓:径28 x 15 x 120mm  扁孤  746g      底研磨  サイン:NORTH WIND

 L : 141 x 89 x 280 Hmm    口径 63  栓:径30 x 18 x 145mm  扁孤 1,235g     底研磨  サイン:NORTH WIND
  L : 141 x 87 x 290 Hmm    口径 61  栓:  径31 x 18 x 146mm  扁孤  1,257g    底研磨  サイン:NORTH WIND
P1190438-1P1190437-1P1000568-1P1190433-1
酒瓶  ブルーグラス(宙吹き)
1999    148 x 93 x 240 Hmm   口径 62   扁孤   1,074g    底研磨 サイン: NORTH WIND
小物
P1000937-1
P1000927-1P1000946-1P1000945-1P1000971-1
2003   コンポート五角ベース 118 x 73 ( 上皿部ピンブロー重ね・五角台座キャスティング )89 Hmm  816g    底五角 /サイン:A.Kimura 2003
P1000930-1P1000933-1P1000966-1
2007 キャンディポット 蓋付き / 四太脚  宙吹き成形  径 97 x 130 Hmm   589g    足裏研磨 /サイン:NORTH WOIND 2007

North Wind 木村 明 略歴 :

P1010164-1P1010166-1P1010162 20101228-1
**20101228/ kinoギャラリー小林一夫同席ミーテイング近影
1952   高崎市に生まれる
1976 – 79  上越クリスタル硝子株式会社勤務
1979 – 80  田島クリスタル硝子株式会社勤務
1982 -89  安中市磯部 ISOBE GLASS WORKSHOPにて制作
 1985   日本クラフト展 新人賞 受賞
1987   日本のガラス展  でくの房(前橋市)にてガラスとタピストリー展
1988   第3回クラフトフェアまつもと出展参加 以後 ’89, ’90, ‘ 91- 12年連続参加  2005,2007,2015まで 17回出展  国際ガラス工芸展(金沢市) ヤマハ工芸展(~ ’89)作品展示
1989   ギャラリー杜(前橋市)にて個展(’91) 高崎映画祭トロフィー制作(’91・’94 ~ 2015 )
1990   1990   NORTH WIND(高崎市)を設立
ギャライー具(熊谷市)にて個展(’92, ‘ 94, ’96 )’90 現代ガラスの造形展(箱根彫刻の森美術館)
YOU HALL(高崎)にて個展
1991   ふくろう陶房(藤岡市)夏の作品展(毎年 ~ ’07)
1992   ガラシャ(京都市)にて個展 (’95 ,二人展 ’03 )
1993   ニッケこるとん銀花 (現在名:樂布陶・市川市)にて作品展(’94以降隔年 ~ ’02 )
1994   味庵緒里都(浦和市)にて作品展(~’99, ’01, ’02 ) ギャラリー未来館(茅野市)にて作品展(’98,’02)
1995   ギャラリー華(豊橋市)にて個展(’97)
1996   珈琲倶楽部寛(長野市)にて個展(~ ’00, ’05, ’12)中之沢美術館にて三人展(隔年~ 現在工芸空間)
P1000906-1
1997   ギャラリー栞(新発田市)にて作品展(’ 01, ’03 ~ ’15)
1998   天田屋(高崎市)にて小品展(’99)
1999   ギャラリースペースM (前橋市)にて個展(’03, ’07 )コムニカ(新宿区)にてガラスと木の器展
べあばれい(熊谷市)にて小品展(’03,’05,’07,’10 )ギャラリー昨明(いわき市)にてガラス展
2000   THE NEW DIRECTION (クラフトBAN  ~ ’05 )
2001   木版画とガラスの世界(上田市 アライ工芸)木版画とガラス展(榛東村、榛名画廊)
2003  個展:八木橋百貨店(熊谷市)(’05, ’08, ‘ 12, ‘ 14)ギャラリーDOMA(世田谷区)にて作品展(’05)
ガラスとタピストリー展(グレインノート2Fギャラリー・松本市)三人の手仕事(前橋市・ノイエス朝日)
2004 「素と形セレクション40」作品展示 4/21 – 5/30 松本市立美術館 クラフトフェア20周年記念企画 /松本のスタイルVol.2      ノイエス朝日(前橋市)にて個展(以後隔年 ~ ’14 ) アライ工芸(上田市)にて個展
P1000911-1
2005   矢尾百貨店(秩父市)にてガラス展(’06, ’08, ’09, ’11, ’13 )
2009   クラフトBAN (北杜市)にてガラス展(’13)
2011   ナカムラヤ(太田市)にて個展(’13)
2012   「群馬のガラス工芸展」群馬県立近代美術館出展  ルヴァン信州上田店2F展示スペースにてガラス展
2013   風の丘(長瀞町)作品展(’15)
2014   ギャラリー写楽(防府市)作品展
2015   ギャラリーROUT66 (桐生市無鄰館)作品展   第31回クラフトフェアまつもと参加出展
2016    ガラス二人展 2016年7月2日- 10日
ノイエス朝日 前橋市 手延ばし名工と吹きガラスアートクラフトの新領域
P1080809-1P1080810-1
木村 明ガラス展 2016 サンドブラストの花器 他 新作
8 /27 – 9 /10  ギャラリー写楽
山口県防府市迫戸町 6 – 9
P1250153-1
工芸空間展 中之沢美術館 6人の工芸作品
9/11 – 10/2
前橋市粕川町中之沢249 – 14

・木村 明ガラス展 2017 5/3 ~ 5/14

風の丘 秩父長瀞町 TEL .0494- 66 – 0082

「North Wind 木村 明 ガラス展」 2017  5/18 – 6/5  GALLERY HABA  葉葉  千葉県館山市北条1648-1

「木村 明ガラス展」2017 7/19 ~ 7/25
「ガラス・木村  明の世界」個展  2017 6/3 – 6/10  ギャラリー栞
 新潟県新発田市真中1916  TEL. 0254 – 41 – 4832
「木村 明ガラス展」2017 7/19 ~ 7/25   熊谷八木橋 アートサロン
熊谷市仲町74   TEL. 048 – 523 – 1111
「木村 明ガラス展」20170804 ~ 8/27  ギャラリー月猫& more
 埼玉県秩父市熊木町10 -12    TEL. 0494 – 6884

新作展

①「吾輩は猫」展 23名の作家による 2017年10月6日~29日(金土日)
ギャラリー月猫  秩父市熊木町10-12 TEL.0494 – 23 – 6884
② 色なき風  木村 明・長野順子 二人展 2017年10月14日~11月12日
ギャラリー空蝉  高崎市寺尾町2305 – 253 TEL.090 -4600 – 7095
■NORTH WIND   木村 明
370- 0069  群馬県高崎市飯塚町 248 – 3
 TEL.FAX. 027 – 361 – 6342
e-mail: northwind1990@gmail.com
P1000643-1
 高崎映画祭賞トロフィー 制作  350H – 155W – 117D   2.835g (2004年から2017年まで定形モデル制作 / 控えAQギャラリー蔵)
スクリーンショット(2015-08-15 20.57.40)-1スクリーンショット(2015-08-14 23.27.44)-1
トロフィー作品制作 Glass Studio of Akira Kimura  / 20140329   撮影・編集:碓井 隆
NORTH WIND Trophy 0329 5000 – YouTube
 P1200306-1 P1200321-1  
スタジオグラスワーク20151015ABE

放映・雑誌掲載記事・本

・「モノ語り2」木村 明「ガラス」無尽蔵  1997 5月号 No.18  p.44- 49 ISBN 4 -944126 – 04 – 2
,P1000811-1P1000810-1
・「ぐんまの手仕事 ②」伝統工芸から現代作家まで 18のクラフト物語   NORTH WIND p.18 – 23  上毛新聞社   2014
ISBN 4 – 86352 – 114 – 8
P1000801-1P1000803-1P1000805-1
 ● 近況
P1220212-1P1220208-1P1220211-1
「高崎のグラスメーカー 木村 明」ぬくもりとシンプルさが魅力
高崎映画祭受賞トロフィー・新作などスタジオグラス作品を紹介

2013 年高崎映画祭受賞トロフィー作品制作


s:高崎観光協会 会報2016  春 号 Vol.134 + 「ガラス・木村 明の世界」個展 ギャラリー栞 4/23 – 5/1 新潟県新発田市真中

第31回高崎映画祭受賞トロフィー 2017  (2004~現在まで継続制作)

トロフーのタイトルは 「女の人 」です。

寸法仕様:高さ 約325mm、幅 約170mm、重量 約2600g

制作技法:ソリッドワーク 3個のパーツは、24時間近くの徐冷を経た後、硝子加工場に研磨を依頼して、切断、平磨き仕上げ。

研磨が仕上がった3コのパーツを、紫外線硬化型のガラス用接着剤、フォトボンドを使用して組み立てていきます。

 ・TV 放映  20120229  GTV群馬テレビ「技に迫る 匠の時代の先駆者たち ガラス工芸」高崎映画祭トロフィー制作スタジオシーン (20130510 東京MX テレビ再放映)
*作品は。クラフトショツプ、ギャラリーで取り扱い販売  特注制作品オーダー可
*研磨加工協力: 2002年までは藤岡特殊ガラス加工所(前橋市)、 2015年現在まで渡辺硝子加工場(江東区大島2-24-9)
* 作品取扱い店
・主に食器 「TODOKORO」 高崎市檜物町107
・花器 「フルール ド シュヴァル ブラン」 高崎駅ビルイーサイト高崎2F
・食器・花器など 「ラ・ ボロンテ」軽井沢町軽井沢1203
・タンブラー・ボウル「グレインノート」松本市中央 3 – 5 – 5
P1010128-1P1010134-1
・花器 「はなや和花」松本市中央4 – 6 -1
・主に花器 「ラ・ロンダジル」新宿区若宮町11 摩耶ビル1F
* 作品解説・価格は後記予定

* ソリッドワーク:熱して軟らかくなったガラスを竿に巻き取り、細工道具を使い、塊のまま加工する技法

*クラフトハウスミュージアム 収蔵展示予定作品
*角トレーBlack Walnut  バウ工房大門  嚴作

ⓒ 2016 – 2017  Kurayuki, ABE

複製・変形・模造・引用・転載・画像転用・キュレーション・業務利用を禁じます。作り変え、まとめサイト、ライター無用。No Curation and No Business Uses.

 

 木の総合学研究2015 – 2016- 2017 「スタジオグラスワーク」「ガラス器と木目のゆらぎ1/f ・材質感対比」「Studio Glass Work of Akira Kimura 1983 – 2015-2017」  201700511 追記

▼ お気軽に一言コメントをどうぞ

次の記事: