「木」の道具・工具ジョイントシステムハンドツールコネクション工具・刃物木工

重要基本工具「ケヒキ」「ケガキ」の原形ルーツ_進化を辿り室町時代中期から20世紀末まで|「計曳ケヒテ」「界引ケヒキ」「卦引」「罫引き」「毛引き」| 13代國政のケヒキ自作揃い ハンドツールジャパン−36|楔締め_木のジョイントシステム-34

阿部蔵之|木とジョイントの専門家

「ケヒキ」を見れば仕事の質、技、年季がわかる。」指物師・戸工(建具職)・舟大工、番匠、箱屋・利器精密木工・木型職には、重要な計測・墨付け基本工具でした。

仕事にあわせて自作、人に見せたり、買うものでもない。造るのは楽しみ。スタイルは好みで属人性が強く、シンプル。微細な寸法を印す、クラフツマンシップが染みつくハンドツールです。

 

「二丁筋ケヒキ」 13代國政組手_枘型挽き 枘組板厚のうつし・罫引き

アテ板上でケガキ、手持ちで刃先を確認しながら厚みを決め、棹の微調整はアテ板で打つ。

13代國政のケヒキ・ケガキ

❶ 豆ケヒキ

点・線の印し_切り込み  13代國政作

少職は、製図用具・モデリングに頻繁に使います。

❷ 筋ケヒキ(小)針付き ダブル

針付き小ケヒキ 下穴芯位置・枘幅決め

細釘を打ち、先端を目立て鑢で針突きにします。(天地二面付け返しリバーシブル)

❸ 筋ケヒキ(中)M 鎌楔締め

 

楔が落ちて行方不明になることがないが、棹を外す時は引っかかる。鎌形の切り込みテーパーが微妙

❸ 筋ケヒキ(中)M

棹と楔の微調整:楔頭は台を縦にしてアテ板縁で素速く打つので木口がくずれる

❺ 筋ケヒキ(大)L

金具類の取り付け位置アタリに出番も多く、棹の痛みが速い。

❻ 割りケヒキ 堅木用

刃の泳ぎブレ、ビビリを抑える太棹丸面・段ツキ_手許側楔締めで剛性を高め 強く引けるジョイント構造 刃を引っ込め安全第一

鋸挽きしない素速い薄板割り_指先・手のひら全体で刃の動きを感じ取る

❼ 割り毛引き 軟材用

 

片刃・諸刃あり

❽ 長竿筋ケヒキ

棹は差しかえ数種

❾ 円弧ケヒキ 鐵道R定規用

棹は半径により差しかえ 桂柾材カーブ定規を削り出す(測量・製図精密木工 祖父伊藤吉之助作)

❿ 縦楔締め / 二丁ケヒキ_上下針付き

縦楔かんざし型 ズレを防ぐため棹を強く締める 楔が台下に突き出るので手持ち作業向き(木型職などの精密な寸法うつし・ケガキ用)

 

ケヒキ刃既製鍛造品

・筋ケヒキ 片刃・刃先鋭角  刃幅: 二分~四分

・割りケヒキ 片刃・諸刃あり 三分~八分 鋼付き 刃先角は寝かせる

既製品 鎌ケヒキ・筋ケヒキ

ネジ締めは点接触で圧締力が足りない。刃先が泳ぐとズレ動き、信頼度がさほどでもない。頭にもロックボルトを入れないと締まらない。丁寧な造りで高価。

ケヒキの原型・ルーツについて

①「計曳 ケヒテ」番匠之具

「新撰類聚往来 上巻」 丹峯和尚 作 慶安元年 1648   敦賀屋休兵衛板/ 京都 室町時代中期 三次市立図書館蔵・デジタルアーカイブス

②「界引ケイヒキ」「工匠之具」

「卦ケを引て 厚アツサを究キワムル 者ノ、或は 枘ホゾを付、穴を彫ホル に用ュ。又 薄ウス板を割ルに 小刀の鉾を嵌たる者、割卦引と云う。

和漢船用集  巻十二  工匠之具 文政10年 1827     金澤兼光 編集 大阪・藤屋徳兵衛出版 江戸中期(筆縦書き文)

「卦ケを引て 厚アツサを究キワムル 者ノ、或は 枘ホ を付、穴を彫ホルに 用ュ。又 薄ウス板を割ルに 小刀の鉾を嵌たる者、割卦引と云う。

多く戸工トヤに用ュ。工匠又用ルことあり。」

 「卦引」図には、定規台に細棒を嵌め固定する構造が描かれており、小刀刃を板に嵌めた「割卦引」が並んでいます。横使いがメインで現代でも十分仕える。縦使いは、枘穴深さを見る。

占いを木に印した故事から「卦ケ」の文字があてられ、棒・棹の形で計測。「計ケイ曳き」はかり印すが、後世には「界引ケヒキ」、明治以後「罫引きケイヒキ 毛引きケヒキ 罫書きケガキ」に変わりました。「卦ケ」を引き、 厚さをきわめ、枘彫り  穴深さを測る具。

 模写して気づいたのは、卦の嵌め位置が矩になり、やや尖った先口で目盛り点刻があるようにみえます。縦て深さ・突出を計り、横使いで幅決めができる。打ち込み卦は金属製で、先端を三日月カットして刻み印すものだったと想像。

 現在、一般に使われる「罫引き」は、点や細線をケガク木工用具ですが、枘寸法や板厚を決め、錐穴・取り付け位置を印し、幅寸法をうつすなどに活躍します。

「卦ケ」は、占いを木にしるす故事から転訛。細棒を寸法定規につかい、計り印すことを意味したのが、明治期には「罫引きケビキ」、極細線を毛に見立てて極細線をひく「毛引きケヒキ」へ当て字から名称が次第にかわりました。

 定規台・棹・(穂・刃)のシンプルな造りですが、太墨マーキングでは傷がつかない鉛筆差しや型紙にはボールペンが具合もよく、傷をつけない塲合に筆記具を利用します。台鉋と同様に引き印す道具ですが、仕事に応じて造り構造・形状に違いがあります。

ⓒ 2021  Kurayuki, ABE

All Rights Reserved. No Curation and No Business Uses.

複製・変形・模造・引用・転載・画像転用・キュレーション・業務利用を禁じます。作り変え、まとめサイト、ライター、教職、商人、ロボット無用。

※ 近日、著作権法改正による無断ダウンロードが制限されます。閲覧のみにしてください。

木の総合学 2021  「計曳・卦引きの原型と変化」「 楔締め係止・ロックジョイント」「自作道具・ハンドツールジャパン」

 

▼ お気軽に一言コメントをどうぞ