MT マテリアルトリートメント「木」とともに生きる「木」と医療「木」と祭り「木」と食「木」の文化木と人間の関わり薬用樹木

樺の木 「クラフト・エコ・メディカル」マテリアル Birch Tree and Wood 木録

阿部蔵之|木とジョイントの専門家

樺 (カンバ)は、自然循環資源・生命維持に重要かつ多様な役割を果たしてきました。木の現場から実務・実学をズームアップ。先ずはサバイバル樹皮から樺内科へ

 白樺樹皮剥がし:春先水揚げ後、肥大時期に見事にパックリ剥がれる

 工芸品や着火材・盆迎え送り火材などに樹皮を利用するために春先の水揚げが終わった6 ー 7月、幹にナイフで切り込み剥がします。
剥がしの適期は、生息地域や個体差で剥がせるタイミングがあり、ナイフ刃を引くと綺麗にパカット開く様に剥がせます。高樹齢になると剥がせません。
  OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA
初夏にかけて樹皮を容易く切り剥がすことが出来る
OLYMPUS DIGITAL CAMERAP1080852-1
樹皮剥がし12年経過   伐採地に実生し、40~ 50年で枯れ朽ち、楢・栗・楓林に自然森林遷移
 剥がしたあとは、自然に内皮が瘡蓋状に被覆してそのまま成長を続けますので枯れません。シナ・オヒョウ樹皮繊維穫りとは少し違います。樹皮工芸用には、細い帯状の連続スパイラルカットし、外皮の白いレイヤー層をはぎ取り整形します。北欧・ロシア産バーチの内皮は厚く寒冷地に適応し含有油性分も多いようです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA P1080907-1
着火材利用
 信州地方では、お盆の迎え火送り火用に25cmほどのロール「カンバ」が売られています。一旦火が付くと風で消えることがありません。私は、朽ちた倒木の残存樹皮を集め薪ストーブ用の着火材に使用します。(純木灰をとるので、新聞紙などの製紙添加剤、合成化学インキなとを混入させないため)一度火が回ると消えないウダイカンバ(真樺)薪は、鵜飼いのかがり火につかいます。
P1090136-1
信州地方の市販「カンバ」(お盆・彼岸用)細切りで迎え送り火行事に燃やします。下シベリア産 @342-  最近は、儲けにならないのか採取人が消え、ロシア産がほとんど。

白樺の樹皮を多目的に利用する文化圏

 北欧・ロシア地域では、白樺細工・工芸品・樹液・薬材として自然素材の利用技術と長い伝統生活文化が継承されてきました。近年、白樺の樹皮・枝葉・幹にはバーチオイル・有用物質が含まれていますので、精製・抽出した成分を医薬・甘味料、美容健康用品が開発されています。虫歯を防ぐキシリトール甘味料の原料多糖類キシランXylanなどは、その代表です。木質系バイオマス、樹皮から生分解性ポリマー合成の研究開発も行われています。
 樹皮は表面を黴や細菌、昆虫から護るために防御成分(抗菌・炎症抑制)が生成され油性分や化学薬理性分トリテルペン系化合物を含有。白樺樹は、水分が多いので別名Water Tree と呼ばれます。寒冷地で生きるため多くの糖類・生成物質を蓄え栄養樹になり、自らの樹体を護持する仕組みが出来ていますので、樹皮が特に高性能の耐寒・防水・防護・抗菌多層シートになっています。倒れて木部が腐っても、白樹皮だけは抗菌作用のあるベチュリンBetulin により菌類に分解されず、そのまま残ります。湿っていても油性分があり、素速く良く燃え上がります。
P1080873-1 P1080879-1

白樺生木樹皮は、直ぐに火が付く燃え上がる

P1080821-1 P1080822-1
鎌や鉈で樹皮を削り、切片にマッチで着火 油性分があり忽ち燃えがる
P1080827-1 P1080834-1
石油のような黒煙をあげ激しく燃焼し風雨で消えない
P1080840-1 P1080842-1
燃えかすは、樹脂焼却残渣に近い
キコリやマタギのサバイバル術ですが、山で遭難時の必須知識を継承したい。
 狩猟や山仕事で奥山に入る職業人が身につける基本的な作業技術・生活術に「火起こし」がありました。厳しい自然の中で、万一の時に、野営で火をつけるプロの技があれば助かりますが、この経験知が無いために歴史的な惨事が起きました。

八甲田山 陸軍歩兵雪中行軍遭難事件

明治35年(1902)1月、陸軍第8師団の歩兵連隊が青森市街から八甲田山の田代新湯に向かう雪中行軍訓練で遭難。210名中205名が死亡。最も多くの死傷者がでた近代登山史における世界最大級の山岳遭難事故でした。この時、地元のマタギがついていけば火起こしでき助かったと言われる。

その他、重用されている白樺の用途
・Sauna Vihta  サウナビィヒタ (サウナ風呂内で白樺の葉付き枝を束ねた肌叩き)若葉に含まれる香り精油成分が肺や皮膚の血行を良くする。乾燥保存し、水分で戻して入浴時使用。サウナ必需品
P1060319-2P1060330-1
・白樺樹液: 春先の3月 – 4月 水揚げ時期に樹液を採取し、ミネラル・ビタミンを含み栄養保健飲料に
・クラフトマテリアル:白樺材クラフト・樹皮編みやコルサ(刳り物)、挽き物や曲げ物・轆轤用
P1090153-1P1090154-1
・コルサ / Kuksa(Finland):白樺アテ材刳り物・腰付けコップ 木部は凍結しないので極寒地で水・トナカイの血などを飲むことができる。装着し外すのも簡単。腰バンドにつけ、激しい作業をしていても抜けない伝統の型。エンド部の削りフォルムの違いで制作者が識別されます。 口内径55 ~ 60 x 75 x 140  mm  98 – 99g 木地仕上げ・オイル拭き、サバイバルライフクラフト。
P1090140-1P1090142-1
・白樺樹皮編み細工 札入れ:樹皮平編み 150 x 90 x 10 mm    43g  1988, Moscow
P1090242-1

貯金箱:105 x 85 mm    38g    1992   CA, USA
小物入れ籠:145 x 110 x 95 mm  92g   1988, Moscow
・白樺シュガー多糖類製造 (キシリトール合成原料)
・医療・医薬品・美容材料に使用
・合板:家具・建材 工業材料用途
・テーブルウエアーやアクセサリーなど
 日本では、樺類は真樺(ウダイカンバ),メジロ、白樺・ダケカンバ、オノオレカンバなど数種があり、北欧・北米など世界各地で100種ほどあります。
ロシアの白樺:黒姫にログハウス建築に来たテベリー(モスクワ近域)の大工の親方は、日本の白樺とほとんど差違がないと言っていました。現地でのサンプル収集、比較樹種研究もこれから。
身近で材質が優れ加工しやすく、工芸材料・家具・建材、工業製品原材料・医薬・健康食品などに用途がひろがってきました。ヨーロッパ、とりわけ寒冷地・東欧・北欧圏やロシアでは生活に密着した「生命の木」として民俗文化に深く根ざしています。樹種ごとにも「木と人の関わり」から様々な実際の身近な事象について総合的に考究していきます。
ⓒ 2014 Kurayuki, ABE
複製・引用・転載・模造・流用・キュレーションを禁じます。
木の総合学2014   「木と共に暮らす」 「白樺の実用学」「再生循環生存資源」「生命の樹」「自然工芸材料」  ABEギャラリーコレクション

▼ お気軽に一言コメントをどうぞ

次の記事: