クラフトフェアデザイン工芸木と人間の関わり環境

クラフトフェアの社会的信頼 CSR Crafts Social Reliability を嗅ぎとる未来展望力

阿部蔵之|木とジョイントの専門家

クラフトフェア プレゼンテーションパネル 試作提案 2011

CFRAFTS FAIR MATSUMOTO   The Largest Open Air Exhibition in Japan, in coming together of handwork craftsmen

Crafts Fair Initiative by Peace Hand  2010

PHパネルA3_B_0606-1

 軍縮と平和   クラフトフェアは、平和な時間・市民生活の安定を象徴

 2011年7月、「第23回国連軍縮会議 in 松本」が松本市で開催されました。開催地協力の松本市役所は、市民グ活動ループに展示参加を募集。 平和と市民の役割として、クラフト推進協会へも展示参加依頼通知がありました。クラフトフェアは、本質的に安全で平和であることを意味します。私は、プレゼンテーションパネルを制作し、提案してみましたが不採用。政治的なムーブメントと見なさない判断でしょう。参加24ヶ国、国連機関と報道関係者にPR する絶好の機会でしたが、人任せでは通じません。

戦争や破壊活動を起こす武器・軍備とは、かけ離れているクラフトですが、平和で安定した社会にこそ存在できるものです。CFM30年の継続開催は、単なる作品の展示販売ではなく、人の結びつき・技能の伝習から、作り手と使い手の直接交流、クラフツマンシップまでもつなげていく場となりました。軍縮の先に実現するものは、日常生活を潤す落ち着いたものつくり、人々の親しげな時間だと想います。リアルな平和とは、こういう市民生活シーンそのもの。抑止力は、兵器・爆弾だけでは有りません。
 PHパネルA3_A_0606-1

制作グラフィックデザイン

 ヘッドタイトルに当日会場シーンを組み合わせ、窓空き部にメッセージや協賛・支援を告示することにより、広告やパブリックメディアにも使えるように配慮した構成です。写真の入れ替えや展示スペース、体裁により縦型にも直ぐに変換できるレイアウト。クラフトフェアの魁け・先達として、これからCSRへの積極的な取り組みが必要になりますね。毎年、参加来訪者が多いので、混雑しない時間での撮影カットをカテゴリー選別。まずは、会場作品への誘いです。

新しい評価軸と発展の可能性

 近年、CSR  Corporate Social Responsibility 「企業の社会的責任」が、新しいブランディングに結びつくとされ、環境性能や品質、資源重視だけでなく、社会貢献までを取り組むマネージメントや企業活動が重要視されてきました。クラフトフェアまつもとには、地域文化を育む大きな役割があり、善良な強い運営支援があるべきと思料します。
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
 営利目的や行政先導ではなく、作り手達が自前で、自ら作品発表と交流を願って集い、社会に有益なものを生みだしてきたクラフトフェア運営ですが、新たに「社会的信頼 Crafts Social Reliability」という好感度の高い性格、確かな評価軸を見出します。いままで、寄り添い協力し関わってきた人々の尽力は、たぶん、この社会的信頼性を嗅ぎとり、同時に利益にも繫がる期待があったからと推察します。「県の森公園」のクラフツステージ参加を楽しみ、作り手との出会い、活躍できる可能性がみえてくる共創の場がここにあります。それにしても、2日間の開催ではあまりにも短く、常設専有スペースがあればと。
 クラフトフェアまつもと31年目を迎え、課題は山ほどアルプス。クラフト集積地・工芸による街づくり、高等専門教科課程、クラフトライブラリー、クラフトハウスミュージアム構想など、これからの望ましい姿を引き寄せ、グット近づきたいと思います。的確なドリームプランは、やがて現実味を帯びてきますから。
* 「クラフトフェア」は、1985年 松本からスタートして全国各地へ広がりました。このサイトでは、他の後発類似イベントについては言及しておりません。
ⓒ 2015    Kurayuki, ABE
複製・引用・転載・模造・流用・キュレーションを禁じます。
木の総合学 2015  「クラフトフェアプレゼンテーション」「Crafts Social Reliability クラフトの社会的信頼」

 

 

▼ お気軽に一言コメントをどうぞ

次の記事: