「木」と医療「木」と環境「木歴・木録」「木識・木学」庭木・景観樹木の内科

緋桂優撰・青桂嫌棄 「桂」赤青・固有の材質とクオリティInsight 木の内科-14

阿部蔵之|木とジョイントの専門家

葉・花・実・種・樹皮の「外観・外相分類学」ではなく、樹体内に入り、カット後の生体経時変化、クオリティ、固有の性質を診る樹の内科は、まだ未明・不明・未開。日本オリジナル種「桂」の専門書はなく、樹木の内相は「ナイカ」。ミクロ細胞観察やDNAに跳ぶ前に、空白・未開のフィールドに踏入り、内実を記録。

明るい赤身を帯びる「ヒ桂」は、見た目に温和で柔らかく均質。陽に当たると赤身を増し濃色に変わるので「ヒガツラ」。「青桂」は青白く、黴などの変色を起こし木肌木理が綺麗でなく、鉄砲虫が入りやすいなど「陰質」で敬遠される。明らかに「ひがつら」と「青」には材の資質違いが明確。静温・柔和。大人しく、派手で個性的な樹木ではありませんが、日本の自然風土を映し顕すような雰囲気のある素質。専門書では、赤青樹皮の色違いとしていますので、固有材質の違いを内科からレポ。製材所で丸太に取り憑くのは、私と昆虫コレクターだけでした。 Exif_JPEG_PICTURE

カツラ原木(岩手県宮古市産出) 2007年11月伐採木 三本口:A 元口72 cm ~ 末口66 cm x 2.4m L  ¥71,800 –   B 元口 60cm 末口58cm x 4.4m L   ¥101,380 –  C元口22cm -34cm 2.2m L ¥13,289 – 盛岡木材流通センター 20071115 AQ

特優材質:日本固有単一樹種「カツラ科カツラ屬」

 冬・春材と夏期生育ギャップが少なく、均等な材質で加工し易く、安定し狂いにくい。彫刻、洗濯張り板、製図定規、箱・抽斗、漆器木地、碁盤・玩具・生活用品、計装 等 実に多用途でした。大径木良材を切り尽くし枯渇。家具など用材はプラスチック・アルミに代わりました。塗装性は最上のランク、桜に比べると刃物が痛みません。木口には、てっぽう虫の孔や伐採後のセルフキュアー・芯材色素の放射移動がでており、樹体内の組織・材質見立ての手掛かりとします。製材過程で、白太へ芯材からの色突出がみえます。今まで「商材」として扱ってきたために、木目・物性・利用価値等で評価しているだけでした。

 P1180805-1  P1180806-1
P1190046-1 P1180812-1
ヒ桂 太陽光で赤身が拡がる    製材:安曇木材 20080323-28      MT: 20080401-02 ABE
 通常の見立てでは、オニグルミ・黄蘗と同様、樹皮が厚いほうが材質は優れている。落葉広葉樹種の中で最も枝下が直長で大径木になり、水辺近く日当たりを好む樹。連続したハート葉は芳香を発散し、樹の下に来ると気分が良くなります。山里では、この葉を乾燥粉にしてから練って線香にしたので「線香の木」と呼ばれました。(美麻村他)
P1190048 P1190049
盛岡木材流通センター土場 木口年輪や幹の形状から中身を判断する原木検太 20071115 ABE
 木材市場に並ぶ原木丸太の木口は、伐採から時間が経つと黒く変色してくるので原木内部の読み・判断が難しい。この時期、プロでも雨雪模様では判りません。綺麗にカットし室内保管すれば評価も上がるのですが。実際に木取り・自然乾燥後に削らないと外見からの材質見立てが違うことがあり、丸太買いはリスクが大きいようです。伐期が一番影響しますので、紅葉の後、冬の新月伐採、出材が望ましい。切削加工・材質バリエーション・色素・物性の検証はこれからです。道材大径木は切り尽くして、保護地・演習林からの産出が稀少になりました。桂の巨木自然林 / 菅名岳二又沢、連続周辺のブナ林は、まだ残っているのでしょうか。
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
青桂 製材:安曇木材 20080323-28      MT: 20080401-02 ABE
Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE
青桂 鉄砲虫入り
P1180809-1
桂材対比 「ヒ桂」と「青桂」
P1080632-1P1080643-1
佛壇欄間彫刻作品(緋桂)・ミシン挽き抜き 13代國政作
 木部は均質で年輪がはっきり出ないので、さくさく刃物当たりが良く、導管は微細、品のよい材質感。軽くて綺麗で加工し易い日本固有の貴重樹種。桐には真似の出来ない表面塗装、彫刻造形性が賞揚されました。煌びやかな葉・プロポーションの良い樹形は芳香とともに心身を爽快にしますので、一本植えればヒィーリングツリー、メディカルオブジェクトに。
Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE
桂若木ピンク黄葉 20101022ABE  TREE 樹形は、遠くからも森林内で識別できる独特の風貌です。
Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE
カツラ巨樹洞 シンボル遊具:新小岩 あすなろ幼稚園 20100521AQ 樹高24m    胸高径2.4m    推定樹齢 240年 希にみる大木の空洞木の株立 ¥ 1,557,000-  産出地:大内宿中山地区・国有林    平成8年11月オグラ木材伐採/立木販売
Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

松本市中心部・住宅庭木の桂大木  一年後に樹冠をちょん切られる。林地に泉池あり、桂好みの地質。ここは古代湖でした。桂葉地下水脈の在処。
P1070958-1 P1070961-1

市内美術館の景観植木  コンクリ・石・アスファルト固めで葉の先まで根張り出来ず、
土壌に有機栄養分なく樹勢弱まり病班葉
P1070965^1 P1070969-1
重篤桂並木
P1170863-1 P1170865-1 P1170861-1 P1170853-1 P1170852-1

桂樹皮科のダメージ:樹皮にイエロー苔衰弱サイン・黴菌取り憑き。枝過剪り・水分不足・不適地でだいぶ弱ってきています。枯れ死近し市役所 – 城堀端通り 20150625 ABE

P1160099-1 P1160105-1 P1160107-1
過剪定枝切り・コンクリ締め  真夏の枯れ瀕死 20160825AQ
P1060823-1 P1060825-1 P1060851-1 P1060841-1
桂群林の芽吹き色  樹形 樹皮( 緋桂と蒼桂の差 )上空からの識別 20160417
P1070056-1 P1070058-1
ピンクは上空から識別ハッキリ、下からはわかりにくい。20160427
 ⓒ 2015 , Kurayuki, ABE

複製・引用・転載・模造・流用・キュレーションを禁じます。

木の総合学研究 2015  「カツラ内科」「桂製材」「桂」の空洞木利用・景観  「桂並木の衰弱サイン」「Hard Wood – Insight」

▼ お気軽に一言コメントをどうぞ

次の記事: