デザインの目ハンドツールコネクション工具・刃物自然の造形

1㎜ が1000年の砥石品位 _ 世界最高の刃物研ぎ技術を生み出した天然砥石の特産地丹波帶|2億年以上の火山降灰堆積・変性が繰り返され地球プレートテクトロニクスが造り上げた京都岩盤砥石層|地上の雅びは、見えない地界の華やぎの上にあり、合砥 (あわせど)の美質、その雅致貴富に料紙意匠の趣向とルーツをみる|刃物研磨力は最高、京都特産天然の極上ズラリ_日本砥石考 ハンドツールジャパン− 33   

阿部蔵之|木とジョイントの専門家

京都の自然景観や工芸美術は、美しいものが多く目にさやかです。地勢や見えない岩盤まで美質を含み、世界でも特別な塲所であることに気づきます。産出した天然の鉱山砥石は、刃物を見事に研磨し、色彩豊かで華麗。地上千年の栄華「雅びの元素」が、その地下に潜んでいたのは驚きです。

富貴の資源は、太古の地層に蓄積され、ゴールドストーンに成り、採掘尽くされましたが、良き時代の残映は少し残ります。古都の天然砥石を観たことが無い世代には、どう響くでしょうか?

美しい巣板「蓮華」をみると、鎌倉時代以後の「料紙」意匠のルーツを想い起こさせ、流美や散らし・つなぎの手法がみえてきます。自然の造形物からひいて美を取り入れる日本の美術工芸の基本は、「真似る」「うつし」「型取り」からはじまりました。流し込み、吹き寄せ、被り、にじみ、流紋など、岩石からも装飾のエッセンスをいただいているのです。

砥石に美質を見出し、見立てや賞揚するのは日本の職人だけでしょう。この厚みが、なんと五万年なのです。

天然砥石は、変動帶火山国にできた奇跡的で貴重な限りある天然鉱石資源。仕上げ研ぎ合砥は、京都産天然砥石が品位ダントツ

最上品質の天然砥石は、世紀末に鉱脈を掘り尽くして廃坑が続き、もう見ることができません。稀少な優良品は高価なものになり、人造砥石製造が次第に広まりました。1950年頃、店頭に並んだ最上質品はウットリするほどと言われて、現在では見ることも、手にすることも難しい。 二億年以上の時間がつくりあげた天然物ですから、使い研ぎ減らすことも躊躇(ためらい)います。もう手に入らない逸品は、商売人が「非売品」にして飾っていました。

では、恵まれた時代の店頭に並んだ市販上質砥石には、どのようなものがあつたのか。 一世代前のストックをご紹介して、次世代へ順次、譲渡していきます。

京都梅ヶ畑中山、嵯峨・鳴瀧・高雄・山城、丹波 等。風光明媚な山域に産出した銘砥「役物」が主体です。

A. 仕上げ砥石 京都合砥(あわせど)

鉋、鑿、槍鉋、手斧、小刀、カミソリ、ナイフ、メス、切りだし研磨用

① 嵯峨巣板「蓮華」

正本山合砥  75 x 206 x 50 mm  1.879g    三十型 京都右京区鳴瀧向田産出  山三マーク 「蓮華」は巣板役物の特級美品    生成 2億年・5万年分の厚みボリーム / ミュージアムクラス 38 p

② 巣板 蓮華

正本山合砥  76 x 205 x 47 mm  1.700g  三十型 京都右京区鳴瀧向田産出 極上品 / ミュージアムクラス 10 p

③ 巣板

正本巣板山合砥  82 x 217 x 43 mm    1.841g   二十四型 京都右京区鳴瀧向田産出   今西製砥株式会社  最高級品       生成2億年・ 4万2000年分の厚みボリューム ミュージアムクラス  15 p

④ 太平鑛山

 

合砥石 76 x 201 x 34 mm 1.228g 京都市右京区嵯峨樒原産出  一本撰 極上品 / ミュージアムクラス 12 p

⑤ 巣板 鳴瀧

鳴瀧鑛山合砥 75 x 205 x 37 mm    1.700g  京都右京区鳴瀧向田産出
今西製砥株式会社  極上品 / 三万七千年の厚みボリーム ミュージアムクラス  12 p

※ 途中ですが、棹菓子・羊羹に見えてきました。

⑥ 高雄本山

鳴瀧鑛山合砥 75 x 210 x 40 mm    1.545g  京都右京区鳴瀧向田産出 今西製砥株式会社   極上品 / ミージアムクラス    9 p

⑦朝日虎 山城国産

本山合砥 72 x 198 x 28 mm     725g    六抜 SUN TIGER BRAND (山城国銘) 京都市右京区梅ヶ畑産出 / 京都砥石会社 硬質最高級品 ミュージアムクラス 9 p

⑧ 中山鑛山並砥層

合砥   75 x 205 x 37 mm    1.240g    京都市右京区梅ヶ畑産出  極上品 /ミージアムクラス   10 p

⑨ 本鳴瀧

正本山合砥   75 x 200 x 30 mm    998g    六型 京都右京区鳴瀧向田産出  極上品 / 一本撰 ㊕    8 p

⑩ 本鳴瀧

正本山合砥  79 x 195 x 30 mm    1.010g  六型 京都右京区鳴瀧向田産出 極上特撰 7p

⑪ 本鳴瀧

正本山合砥     79 x 195 x 30 mm    912g  六型 京都右京区鳴瀧向田産出 極上特撰   6 p

⑫ 本鳴瀧

正本山合砥  79 x 195 x 30 mm    927g  六型 京都右京区鳴瀧向田産出 極上一本撰     5 p

⑬ 本鳴瀧

正本山合砥 75 x 204 x 28 mm    978g    六型  京都右京区鳴瀧向田産出 極上一本撰    5 p

⑭ 竜王山巣板

合砥 78 x 207 x 50 mm    1.929g    京都市右京区嵯峨産出 優良品測面塗    5 p

⑮ 山城

合砥    78 x 181 x 29 mm    808g    京都市右京区梅ヶ畑産出  硬質上等品     1.5 p

⑯ ⑰ 山城

合砥    63 x 182 x 31mm    859g    京都市右京区梅ヶ畑産出  硬質薄板極上品  1.5 p   1980 ツラツケ

合砥    63 x 182 x 25 mm    726g    京都市右京区梅ヶ畑産出 硬質薄板極上品 1.5  p

㉕ 本鳴瀧

合砥 挽き端砥「中サイズ」      京都右京区鳴瀧向田産出  極上鳴瀧の挽き端 (小鉋・鑿・槍鉋、カミソリ、メス、彫刻刀・ナイフ用) 上記本鳴瀧の伴連れ使いに提供。

B.中砥 対馬砥黒、青砥 白砥 沼田砥

⑱ 対馬黒

中砥 A. 名倉砥   45 x x210 x 50    1.255g  B. 対馬産出 虫喰い 77 x 221 x 64 上質品    3.000g    2.0 p

⑲ 丹波青砥

 

本山青砥  100 x 100 x 234 mm

丹波湯乃花産出   田中砥石工業所販売  稀少品 / ミュージアムクラス  5.200g   3 p

⑳ 青砥

本山青砥  68 x 215 x 56 mm 2.430g 山石マーク 普品  0.4 p

㉑ 米山白砥

 

中砥 93 x 210 x 62mm    2.174g    越後新潟産出  上質品  0.7 p

㉒沼田砥

 

中砥    A. 62 x 187 x 37 mm    972g      B. 65 x x195 x 56 mm    1.633g  福島県田島町浅原産出 上質品  0.7 p

㉓ 白砥

正本山白砥   65 x 215 x 70mm   ヤマ石鑛山採掘 特選    2.400g   0.5 p

C. 荒砥

㉔大村砥

荒砥 58 x 222 x 78 mm    2.300g    紀州白浜産出 極上品  0.5 p

天然砥石は、地層に堆積した鑛物ですから同じ品質のものはないのです。実際に刃物を研いでみないと研磨力の評価が難しく、ユーザーの評判や業界専門職の知見が一応の目安でした。砥石の歴史、岩石地層、商品種類、上質品の見分け方について、砥石の知識、専門職の伝承や調査研究資料が少しあります。因みに、高価な商品ですから各地のサンプルを買い集めるだけでも大変な費用と労力がかかります。

「日本砥石考 」- 続き(予定)

産出地鉱山作業は重労働で現場に張り付いて調査研究することは極めて難しく、現在、砥石の研究は、日本砥石調査会の整理途中で作業は途絶えています。次稿で、削ろう会研修 記録 1996 – 1997 (日本砥石調査資料 他)を掲載します。

※ 価格は、ABE ギャラリーに掲載します。

ⓒ2020, Kurayuki Abe

All Rights Reserved. No Curation and No Business Uses.

複製・変形・模造・引用・転載・画像転用・キュレーション・業務利用を禁じます。作り変え、まとめサイト、ライター、商人、教職、ロボット無用。

※ 近日、著作権法改正による無断ダウンロードが制限されます。閲覧のみにしてください。

木の総合学研究 2020   「日本砥石考_京物合砥」「木工、経師、工芸美術、料理、織物仕立て、医療 諸職の手仕事を支えてきた京都特産天然砥石 及び中砥・荒砥_ハンドツールジャパン」

▼ お気軽に一言コメントをどうぞ

次の記事: