「好感度自然素材」「木歴・木録」フルーツウッド木の内科自然の造形

梨の木の稀少な「波杢」_ 自然界の「ゆらぎ」が造り出す地上の美質 |Pear wood’s waved and fine grain of fluctuation pattern |The aesthetic quality of the sensitive and comfortable material is the life force itself. 木理続考−2  木の内科-86

阿部蔵之|木とジョイントの専門家

辺材・白太に現れる変形木理には、圧縮・引張り・揺れ捩れがあり、張り出した太枝(力枝チカラエダ)が「ゆらぎ」を増幅し、連続波目状のユニークなフラクタルパターンが現れます。

倒れまいとする樹体の動きが、独特の木理モクメを造り出します。好感度・快適素材の美質は、時間の集積と生命力そのもの。フルーツウッドには、好感度の高い材質感や美しい木理モクメが多いのです。

 

 極太の「力枝チカラエダ」元にかかる風圧揺れ_捩れが樹体全体の肥大成長に大きく影響して応力変形がおき、連続した波目が現れています。「ゆらぎ」が見事に現れた自然界のフラクタル現象なのですが、辺材白太の肥大成長幅をみると野生のフルーツツリーでも畑地の近くか、養分が多い塲所の生育と見えます。太枝が「ゆらぎ」を増幅し,応力変形が深く拡がります。

斜め引っ張り・圧縮・回旋応力がかかるので、繊維組織には、捩れムクリ・捩れ、逆目立ちが起こります。

■トレーサビリティ

梨・白 74yrs.  1995年3月 岐阜木材市場購入原木の製材・マテリアルトリートメント・長期自然乾燥

元口 740mm x 640mm   自然乾燥・養生13年_熟成・富貴化テストサンプル

関連コンテンツ:

梨(白)フルーツウッド一期一得(会) 天燃絞目グレイン_フルーツウッドー2 木の内科 – 45

http://kurayuki.abeshoten.jp/blog/23784

「木」が「木材」へと形を変える過程を診る|長期自然乾燥_「熟成・富貴化」木の内科 – 74

http://kurayuki.abeshoten.jp/blog/29130

 

ⓒ2021 , Kurayuki Abe

All Rights Reserved. No Curation and No Business Uses.

複製・変形・模造・引用・転載作り変え・画像転用・キュレーション・業務利用を禁じます。まとめサイト、教員、ライター、ロボット無用。

※ 近日、著作権法改正による無断ダウンロードが制限されます。閲覧のみにしてください。

木の総合学研究2021 「天然木理考_梨波杢の現れかた」「フルーツウッドの好感度美質_自然のゆらぎが造り出す年輪木理」

▼ お気軽に一言コメントをどうぞ