「木識・木学」キコリ杣仕事フルーツウッドメディカルウッド木の内科

オニグルミの抗菌抗体・セルフキュアー | 切断面から吹き出す 異様なフルーツウッド オレンジ樹液の多糖類ゲル化 | 伐採後の経時変化 Insight 木の内科-57

阿部蔵之|木とジョイントの専門家

林学・木材学教科では、心材赤身は「活動をやめ、若しくは、死んだ組織である」と教えてきました。

そんなことはないョ。心材は辺材(白太)より後から出来る。水揚げ期には、伐採すると心央からも水を吹き出す樹体も多いのです。

 実際、色素が蓄積しない無地のもの、芯割れで抗体色素が現れるもの、心央色素が赤くない樹種も多いのです。では、伐採された切り口は、活きているままどうなるのか。実生林縁、キコル株その後の記録です。

鬼胡桃(白)樹齢 25yrs.  20191028 新月前日に伐採 伐採直後は、末口から水を吹き出し、滴り落ちる。

一週間後、樹皮内皮・芯央からの色素滲み出し、タンニン成分の黒色変化。(樹皮にはタンニンを多く含有)

3週間後、白太辺材部からオレンジ色樹液吹きだし切断木口面を被覆します。セルフキュアーの動きは激しく、ゲル状のオレンジカラーが目立ちます。

数日後に乾燥して固まり、虫や細菌がより付かないので、この樹液成分には忌避成分、抗菌メディカル作用があるはず。

活きている姿から、抗菌・耐性や材質の特徴に結びつく共通する樹性イメージ。

 実際に立木を伐り、原木を挽き、切り削る。香りや発散物質を捉え、樹体全体の動きを知ることも重要です。年輪層や樹皮の様子から、材質の由来や活きている固有の性質が備わってきた過程のストリーも読み取れるようになります。

例えば、樹皮が厚い方が材質の良質なものに、桂・オニグルミがあり、薄い外皮のホウの木や樺、アオハダは、抗菌性・耐性が高く落葉も早い。枯葉を早く落とし、冬に成長を止める樹種は、年輪が際立たない緻密な材質となります。逆に、山桑は一番遅く芽吹き、最後に落葉。遅くまで光合成を続け、冬目が発達しています。つまり、早く寝るほうが肌に潤いがあるようなイメージです。

因みに、小職はこの40年間、伐採現場、木材市場、製材所やチップ工場、木工の現場で研究者には出会いませんでした。夏、原木丸太樹皮に取りつく昆虫採取家はいましたが。

 春夏秋冬の違い、抗菌・抗体活動の様子、ダメージ損傷の手当治癒、伐り倒されて数年間の樹体内変化は、観たことの無い樹体内のミクロコスモス。未知の領域です。

ⓒ2019 , Kurayuki Abe

All Rights Reserved. No Curation and No Business Uses.

複製・変形・模造・引用・転載・画像転用・キュレーション・業務利用を禁じます。作り変え、まとめサイト、ライター、教職、ロボット無用。

※ 近日、著作権法改正による無断ダウンロードが制限されます。閲覧のみにしてください。

木の総合学研究2019 「 オニグルミの受創治癒・生命維持反応」

▼ お気軽に一言コメントをどうぞ

次の記事: