「木」と住まい「木」と建築「木歴・木録」日本の自然色木の内科木工木材品質表示・仕様

脂松・赤松の青入り「白太(辺材)落とし、赤身(芯材)使い」がウッドワークの基本 青色腐朽菌は消えず芯央へ拡がる 赤松テーブルの芯材木取り 松ヤニロジンの抗体化成 木の内科-42

阿部蔵之  2018年4月18日(水)

材質の狂いをなくし、黴び・木喰い虫を抑える「耳・白太落とし」は木材利用の初歩基本。肥大成長する軟質で養分の多い白太(辺材)は水分が多く、乾燥収縮歪みがおきる。抗菌・耐久性のある赤身芯材部だけを使うのがプロの常識でした。 […]

この記事を読む

「木」と芸術修複・保存工芸木の内科木工

木の大学講座・特別講座 受講のご案内2018 「木」と保存・修複 世界最先進の「絵画の保存額装」+「木の内科 保護・抗菌抗体材質について」

阿部蔵之  2018年3月25日(日)

受講ご案内     額付き案内_PDF ダウンロードはこちら 2018木の大学V:Binf_AC_8額(B           2018木の大学V:Binf_B_8額B    http://kuray […]

この記事を読む

「木」と芸術ジョイントシステムデザイン修複・保存工芸木工

木の大学特別講座2018  〈木〉と保存・修復—2 「絵画の保存額装 」「木の内科 保護・抗菌抗体材質」世界初の最進レクチャー案内(予告)

阿部蔵之  2018年3月6日(火)

絵画の保存額装    数百年先も重要であるために ジョイントレクチャー 絵画の保存額装と 自然木ソリッド材の抗菌・保護 マテリアルトリートメントについて ①「額縁の裏側 — 枠から器へ — 」       講師:工藤額装 […]

この記事を読む

ジョイントシステム修複・保存工芸木と人間の関わり木工

二つの熱帯南洋材クライシス 「熱帯雨林森林破壊、資源枯渇・生態系撹乱」「海水貯木塩分含浸による腐蝕リスク」見えない塩分ダメージ  数百年先も重要であるために AASCF アート作品の科学的アプローチによる保存額装のはじまり

阿部蔵之  2018年2月17日(土)

額縁をつけ、ガラスを嵌めると保存できるような錯覚がおきます。額装の見栄え品格は表・顔化粧ですが、保存品質は裏側の造りが重要な役割を担います。裏をみれば保存のレベル・仕事の品位が判る。 絵画・書画に額縁をつけると安心します […]

この記事を読む

「木」と住まいジョイントシステム修複・保存工芸木工

ブラックウォールナット・ソリッド材の練りつけパックリ 糊切れキリバリ木工 鑢目おろしサライ鑿ではらう残渣修複 ジョイントシステム-29  ハンドツールコネクション-22

阿部蔵之  2018年2月10日(土)

エポキシ樹脂、尿素樹脂系接着剤、水溶性ボンド・酢酸ビニールエマルジョンタイプの接着剤では、油分を含有する広葉樹材接着が経時劣化で剥離することがあります。長期の自然劣化で、とくに濃い材色、重い輸入ソリッド材の突きつけ接合部 […]

この記事を読む

「木」の道具・工具工芸木工木材加工機械

イギリス型・スイス型シェービングホース(削り馬) 工房クラフトスタイルを支える自作作業台詳細 床作業姿勢からイス座ベンチワークへ 「あて板考」 -2 +「グリーンウッドワーク」 ベストブック-12

阿部蔵之  2018年2月6日(火)

「ワーク・削り物」をいかに素速く固定するか」立ち姿勢やイス座では、バイス・クランプにより固定締め付け、日本の床平座作業姿勢では足を使う。両手両足が自在に、精密な素速い動きをします。一度マスターした高度な動作身体記憶は、小 […]

この記事を読む

「木」と教育「木」と芸術デザインデザインの目工芸木工

中等教育美術科「工芸デザイン」は導入されず ワークショップクラフト、アート・デザインの真髄・本流を見失った教職メモリー 工房スタイル・工房手法の再考 クラフト・デザインベストブック – 11

阿部蔵之  2018年2月4日(日)

美術工芸教科のためのワークショップスタイル建築プランニング、作業スペース・設備設計は先進国から部分的に導入され、スクールファニチャーの標準規格化による工業量産へとシフト。金属パイプ・成形合板・プラスチックに代わり、建物・ […]

この記事を読む

ジョイントシステム木工

國政流組手「組手-江戸指物の美」贋作・変形 著作権侵害警告  Copyright infringement!! KUMITE The Art of Kunimasa Wood Joinery JAPAN 2016

阿部蔵之  2018年1月26日(金)

高松市 歯ART美術館 殿 「匠の手わざ2018 組子展」にて展示される「組接」35点は、私の著作「江戸指物の美 國政流変形枘・逆枘の系譜」の模倣変形であり、1985年ギャラリースペース21にて開催しました個展展示作品の […]

この記事を読む

「木」と産業クラフトフェアデザイン工芸木工

新しい木のモノ造形才能のデビュー 記録 「木の椅子デザイン」「木のクラフトコンペ」 世紀末から創作ウエーブを辿るコンペティション歴史新資料 家具デザインベストブック-10

阿部蔵之  2018年1月24日(水)

「実物モデルによる公募審査」というイス創作デザイン展やクラフト展は、世紀末からの「木のモノ」手仕事ブームに乗り、創作木工家達がはじめた作品展から全国公募企画展へと発展。デザインワークに伴う実作の在り方をしめすとともに、日 […]

この記事を読む

デザイン工芸木工

続・応用美術、装飾アートからデザイン・アートクラフツへ 美の狩人ホモデコルス・飾りまくる人生 Decorative Art・装飾デザインの100年 1921 – 1952 -1977 + カリフォルニアデザイン 装飾からデザインアートクラフツへ ベストブック-10

阿部蔵之  2018年1月17日(水)

最新のデザイン情報が突き動かした産業界の動向、デザイン教育の現場 このデザインセレクション年鑑は、作品紹介に留まらず、製造販売社名・デザイナー・クラフツマンの連絡先リストを掲載し、グッドデザインガイド、リソースブック・広 […]

この記事を読む

デザイン工芸木工

応用美術、装飾アートから図案・意匠、デザイン・アートクラフツへ 動く用語は仕事の変質を反映して  Decorative Art・装飾デザインの100年 1921 – 1952 -1977  装飾デザイン、リビングアートクラフツ志料 ベストブック-9

阿部蔵之  2018年1月16日(火)

人類は身体を装い、住まいや道具を美しく飾ることを止められない。食べ物にも見栄え形をこらし、日本では眼で器まで食べる。「ホモ・デコルス=装飾するヒト」アレコレ格好をつけたがります。 Applied Art 応用美術からDe […]

この記事を読む

「木」と住まいデザイン工芸木工

「Neue Möbel 新作家具」にわくわくする「住まい・家具倒れ」 見本市・出版物に現れる新作・新調を楽しむドイツ気質・家具の文化 創作ファーニチャーデザインベストブック-8

阿部蔵之  2018年1月12日(金)

冬が厳しいドイツでは、住まいにかける情熱と室内・家具への関心は非常に高いので関連産業も多く、雑誌や専問書の出版はダントツ。 「Neue Möbel 新作家具」は、生活を豊かに演出する、楽しみの大きな必需品・耐久財で「新調 […]

この記事を読む

「木」と住まい「木」と産業デザイン木工

「デザインの世紀」が記録された新作家具製品デザインレビュー   New Furniture・Neue Möbel No.1 -12(1952 – 1991 ) アートクラフツからインダストリアルデザインへ アイデア満載の知財・デザイン史アーカイブス 家具デザインベストブックー7

阿部蔵之  2018年1月11日(木)

新作デザインレビューは、デザインアイデアを誘発して創造に結びつき発展させ、そのまま有形の産業歴史記録、有益な教育・研究資料となります。民間の長期デザインレビューブックは、アイデアソース・デザインライブラリーとして活用でき […]

この記事を読む

ハンドツールコネクション工具・刃物木工産業イノベーション

先端的「鋸研ぎ」による本目立て両刃鋸の復活 次世代を先導するコンビネーション・ソフイスケイトソーブレード 名工長津勝一の卓越技能 ハンドツールコネクション-20

阿部蔵之  2017年12月1日(金)

「切れる、安い、目立てが面倒で高くつく」切れなくなったら使い捨てる。 衝撃焼き入れ・替刃技術で命脈を絶たれた伝統本目立て鋸は、圧倒的な工業大量生産製品に圧倒されて衰滅。替刃使い捨て全盛、経済メリット・利潤優先。このままで […]

この記事を読む

「木」と産業ジョイントシステム木工木材品質表示・仕様

ある日突然の集成ソリッド材の矧ぎ糊切れ 化学合成樹脂熱硬化型接着・時限マテリアル  ジョイントシステム-28

阿部蔵之  2017年11月25日(土)

接着・練り物の寿命は、接合面の耐久強度だけでなく、接着剤自体の分子劣化でもクラック破断。製品サンプルピースでは、無負荷・衝撃なし棚置き40年で自然剥離が起き、予兆なく音も無くパックリ。素材間の合着ジョイントではない合成化 […]

この記事を読む

ハンドツールコネクション工具・刃物木工

日本独自の両刃鋸の世紀末衰滅 使い捨て替え刃時代に鉄鋼資源の再生永続を再考 産業歴史製品の実物ストックとスキャン記録   再活ハンドツールコネクション-19

阿部蔵之  2017年11月12日(日)

縦挽き、横挽きを両刃形にした鋸の開発は明治後期の画期的な考案でした。1960年代に電動工具の出現すると手鋸需要は減り、さらに超硬チップソーの発明で激減して両刃鋸は世紀末に消えます。近年の衝撃焼き入れ替え刃式は、鋭利で長切 […]

この記事を読む

「木」と遊び「木と玩具」デザインの目工芸木工樹木箴言・格言

縁起もの玩物から「 ウイット・エスプリ・パロディ・ユーモアクラフト」ウエパユの扉を開ける ことばを造形表現に仕立てる清水俊行の手仕事  クラフトフェアベストプロダクト-13

阿部蔵之  2017年10月19日(木)

長年、絵心機知に富む楽しい作風で、子供達やおおらかな気質の人達に愛されてきた趣向作品は、「その他」のカテゴリーに入れられる性格でした。この秋の新作は、干支彫物から微笑みを誘うユーモア立体造形・オブジェに仕立てきました。名 […]

この記事を読む

「木」の道具・工具クラフトフェアデザインの目工芸木工

コンパクト軽量折り畳み携行展示棚キャリー フェルトアニマル工房 中田昌樹のコンパクト展示什器モバイルデザイン  クラフトフェアーベストプロダクト-12

阿部蔵之  2017年10月4日(水)

専用の展示什器を本格的にデザインして造り上げ、実際に持ち込む人は少ない。使用頻度が高く搬出入時間をセーブするためには、専用の機材を用意するメリットがあり、展示什器も作品同様に段取りも実力のうちです。 多くの場合、ディスプ […]

この記事を読む