DSC080771

「好感度自然素材」工具・刃物日本の自然色

合砥・ 鳴瀧菖蒲谷_希有な製砥所ストック在庫リリース|The AWASEDO Narutaki-Shiyobutani of excellent quality_ The rare vein of sharpening stones were completely mined out .|砥石裏の削り残誌を見よ、チャート堆積層・隣接岩相の痕跡アリバイあり ハンドツールジャパン -65 

阿部蔵之  2024年2月3日(土)

極上一本撰・規格品では、削残は削ぎ落とされ、別撰の砥石裏にチャート隣接痕が付着してリアルな堆積層列が読みとれます。菖蒲谷は鳴瀧・中山銘砥の鉱脈に縁接し、各堆積層の硬度・粒度は同等で微妙な色相を魅せます。 採掘した本職から […]

この記事を読む

「木」と食「木」の道具・工具キコリ杣仕事伝統文化工具・刃物工芸木工

遙か飛鳥時代から使われていた「木地クジリ」削り刃物「鑯セン」鏟・鉇・銑 _内銑丸・外銑直刀・抉り銑あり_刃形を整え鋭利な手工具が活躍してきました。|From ancient times,the SEN sharpe and fast shaving knifes are working so longtime .| 電気が無くても、平気で元気に鋭く削れる  ハンドツールジャパン- 64

阿部蔵之  2024年1月30日(火)

鋭利でグイグイ 、サクサク、ザックリ、さっと削れる手工具は、鉄器時代から長い時間を経て現在まで伝承されています。凄い切れ味威力片刃刀 本稿では、木地師の外・内・抉エグリ銑について全てを伝承している檜枝岐専門職の杓子ブチ […]

この記事を読む

「木」の道具・工具ハンドツールコネクション工具・刃物工芸木工

多能な異彩木工造形職による「スマート銑セン」特註仕様_シェービングホース(削り馬)用に刃身を短く刃先当たりは長く手許安全 | The Smart Shaving SEN are sharpened for outreaching on bench-horse works.|鋭い切れ味の直刃・抉り_洋道和才 ハンドツール ジャパン-63

阿部蔵之  2024年1月20日(土)

刃先のアウトリーチを拡げ、作業姿勢も楽な仕上げ削り_柏木工房が永年使いナラシした「削り馬ピッタシ銑センがけ」 手工具の使いこなし・ノウハウは、刃物品質とスキルが半分_くわえる削り馬に乗れば、銑がけ・鉋刃のベンチワークがベ […]

この記事を読む

「好感度自然素材」「木」と健康メディカルウッド庭木・景観樹木と人間の関わり木の内科木香生命構造と機能自然の造形薬用樹木

激しい針葉樹・抗体材色の分泌、最も強い木香放散_びゃくしん・ハクジのまだら高彩木理|The most intensive secretion of vital substances with strong fregrance of Biyakushin Hakuji HINOKI family |好感度が高い香木類ヒノキ進化樹 木の内科 -114   

阿部蔵之  2024年1月10日(水)

強い抗菌力、抗酸化活性をもつ材質には、生化学物質ヒノキチオール_トロポロン化合物 β- , γ-ツヤプリン等が含まれます。鮮明な紅紫褐色の材色は、白地が斑マダラに現れ、強い木香を放散します。 「白地ハクジ」柏 樹名は、 […]

この記事を読む

「好感度自然素材」「木」と健康「木」と医療「木」の神秘不思議キコリ杣仕事メディカルウッド日本の自然色木と人間の関わり木の内科木香生命構造と機能薬用樹木

誰も見たことがないホウの木の分泌中枢| Nobody knows the secretion core of HO tree_wood, amazing the vital bio-chemical reaction. |株伐り下げで見えてきた抗体生成・分泌機能の仕組み_地下で生成されるバイタルケミカル 木の内科ー112続

阿部蔵之  2023年12月25日(月)

前稿に続きます。 ❸ 中枢の鮮明な細部変化_芯核・抗体の集中的分泌を可視化 芯核の色変_内部分泌の輝き 短い時間ですが発光しているように見える部分もあり、不思議な生命活動を感じます。鼻孔につまるような木香の微細放散があり […]

この記事を読む

「好感度自然素材」「木」と健康「木」と医療「木」の神秘不思議「木識・木学」キコリ杣仕事日本の自然色木と人間の関わり木の内科木香林業・森林の仕事生命構造と機能薬用樹木

誰も見たことがないホウの木の分泌中枢| Nobody knows the secretion core of HO tree_wood, amazing the vital bio-chemical reaction. |株伐り下げで見えてきた抗体生成・分泌機能の仕組み_地下で生成されるバイタルケミカル 木の内科ー112

阿部蔵之  2023年12月18日(月)

抗菌性が高い、特異な鶯グリーン材色は、どこから生成分泌され、樹体内部構造を特長づけるのか? 天然木の伐採・伐り下げによる分泌中枢組織のリアルな挙動_バイタルサイン・生命維持の仕組みを明らかに。 コンテンツ: ①「伐り下げ […]

この記事を読む

VITスポット貴重樹木「木」と信仰「木」と政治「木」と環境木と人間の関わり環境

神宮外苑・神田警察通りの樹木バッサリ前に_先達の街路樹育成偉業、長い時間を経て復興到達した都市の貴重な緑地景観を知り、引き起こす環境ダメージまでをお読みなさい。危うい人間の関わり「街路並木」井下 清著 昭和33年1958 全国市長会発行_木のベストブック-19

阿部蔵之  2023年11月29日(水)

市長・区長用に発行配布され、一般には知られていない街路並木に関する専門図書_実践的で基礎研究から重要な専門的知見に溢れています。是非、復刻していただきたい名著です。 井下  清(1884年0 – 1973) […]

この記事を読む

「木」とともに生きる「木」と教育「木」と遊びキコリ杣仕事巨樹見学紀行木の内科林業・森林の仕事

ここは森の学校・博士山_オヒョウ楡大木伐採現場見学会_雪がくる前に奥会津晩秋の「山と木の集い」陪席|The big tree felling excursion_Native forest school hinterland AIZU at Mt.Doctor.|既に有能な若手が取り仕切り、有望な次世代も育ちはじめています_木と人間の関わり2023晩秋

阿部蔵之  2023年11月27日(月)

木樵杣職もわからない樹種なのでノコノコ陪席_遠来のゲストや親子連れ、写真家・木地師夫妻など大勢で伐採現場立会い。現地でオヒョウ楡と判明_元木径95.5cm・外周3m、樹齢125年生峯張りの若木でした。太いオヒョウ楡峯の立 […]

この記事を読む

「木」と住まい「木」と健康「木」と政治「木」と教育「木」と環境「木」と産業「木」と芸術「木」と遊び「木」と食「木」のコレクション「木」の人名・地名「木」の文化「木」の本「木」の道具・工具「木と玩具」「木の力」恩恵デザインの目工芸木の総合学木工

成功した「木と人間の関わり展 1985」企画書の著作・デザイン・版下制作_印刷・発行_日本デザイン学会春期大会 家具・木工部会主催| Proceeding of the 6th annual symposium of the JSD. The beginning for an exhibition TO HAVE, TO BE WITH WOOD 1985 for comprehensive research. 木の総合学域研究の始まり 

阿部蔵之  2023年11月3日(金)

木の文化をデザイン分野から包括的に扱うこの展示会は、初めてのアカデミックなアプローチでした。木の国・木の文化圏のプラットホームを築くために。 「木の恩恵」は多岐に渡ります。環境・資源問題が拡がる最中にあり、自然素材の再認 […]

この記事を読む

「木」と産業工具・刃物木工

完成された締めハタガネの師事相伝-2 |The handed down SHIMEHATAGANE for exclusive clumping, master-discipled hi-rigid structures. | 板矧ぎ基本構造を踏襲した長年の使用に耐える頑丈な造り ハンドツールジャパン – 62

阿部蔵之  2023年10月20日(金)

もう一つの板矧ぎ締めハタ_圧締強度を高くする細部を工夫して堅木無垢材接着専用に誂え。民芸家具制作の強力な設備でした。 東京四谷 松本桐箪笥が広めた「軽量材板矧ぎハタガネ」を堅木無垢材用に改良したもの。 余長を考え、長尺に […]

この記事を読む

「木」とともに生きる「木」と教育「木」の道具・工具ハンドツールコネクション工具・刃物木工

完成された締めハタガネの師事相伝 |The handed down SHIMEHATAGANE for exclusive clumping of furniture making, master-discipled complete structures. | 筑摩民芸家具市川棟雄から工房春夏秋冬藤原哲二への継承1945 ハンドツールジャパン – 61

阿部蔵之  2023年10月14日(土)

締めやすく疲れないクイックハンドル鞘付_長年、現場作業を指導してきたベテラン木工職人が誂えた専用手工具_細部にこだわり頑丈な造り。完成度が高く、作業は捗り、これ以上の性能は要らない。木鞘の装着は、接合材を傷めず圧締力が安 […]

この記事を読む

「木」と環境「木識・木学」フルーツウッド木の内科木界木香生命構造と機能

すでに環境・気象の変化に適応進化をはじめている「小梨」_目をひんむくリアルな樹体内部の改変|The evolution of KONASHI are responding to environmental change, defy common sense and sophisticated internals beyond category, explored the amazing nature of fruit wood. An intentionality and essential contents. | 受継がれた表向き素質と適度生存_ 系統を引き、造り変える志向性  Insight 木の内科-108 続3

阿部蔵之  2023年10月9日(月)

小梨と新乙梨_外形は同じに見える群生両隣り「伴木」 枝・葉・花・果実・樹形は、細部の違いが微妙で識別は難しい同属系統_秘かに気づかれないように装う。構造進化は、樹体内側からはじまる。 コンテンツ: ⑪ 乙梨・小梨の枝・葉 […]

この記事を読む

「木識・木学」フルーツウッド木の内科木香生命構造と機能

すでに環境・気候変化に適応進化をはじめている「小梨」_目をひんむくリアルな樹体内部の改変|The evolution of KONASHI are responding to environmental change, defy common sense and sophisticated internals beyond category, explored the amazing nature of fruit wood. Fragrant and anti-blastic, no parasitized.| カテゴリーを超えた抗体分秘・木香芳香放散/生命維持力の高揚 Insight 木の内科-108続々

阿部蔵之  2023年10月6日(金)

元小梨では、寄生微生物を同居させて菌類・昆虫防御のために共生免疫をはかりましたが、新乙梨では、抗菌・抗体の自力分泌を行い、防御力を高めた飛躍的な資質が現れました。 異変に感応し、存立持続が危うくなる前に、劇的に種子を実ら […]

この記事を読む

「木」の皮膚科「木」の神秘不思議「木識・木学」テンセグリティ樹木論フルーツウッド木の内科木界木香生命構造と機能自然の造形

すでに環境・気候変動に適応進化をはじめている「小梨」_目をひんむくリアルな樹体内部の改変|The evolution of KONASHI are responding to environmental change, defy common sense and sophisticated internals beyond category, explored the amazing nature of fruit wood .Fragrant and vigorous secretion. | カテゴリーを超えて現れたフルーツウッド「新乙梨」の秘かな内部進化を明らかに Insight 木の内科-108続

阿部蔵之  2023年10月4日(水)

前稿に続きます  コンテンツ: ④ 木肌・辺材白太・芯央の材質_細部の異形・芯央材色の拡がり ⑤ 針葉樹の枝元要所分泌能力を取り入 れ、カテゴリーを超えた生命維持ハイブリッド構造を導入。 ⑥ 元小梨と新乙梨の削り肌・削り […]

この記事を読む

「木」の皮膚科「木」の神秘不思議「木識・木学」テンセグリティ樹木論フルーツウッド木の内科木界木香生命構造と機能

すでに環境・気候変動に適応進化をはじめている「小梨」目をひんむくリアルな樹体内部の改変|The evolution of KONASHI are responding to environmental change, defy common sense and sophisticated Non-Ray Structure beyond category, explored the amazing nature.| カテゴリーを超えて現れた「新乙梨」の秘かな内部進化を明らかに Insight 木の内科 -108

阿部蔵之  2023年10月2日(月)

一万年ほど前、地表で木を伐り倒し人類が初めて見た樹木の木理は、ずっと同じままではなく、森林破壊・気候変動で生存が脅かされ、見えない内部から変異・適応進化を始めています。向芯髄線Rayを造らない年輪層は、全く新しい樹体構造 […]

この記事を読む

「木識・木学」日本の自然色木と人間の関わり木の内科生命構造と機能

針葉樹と広葉樹の分泌逆違い_枝元・吸収分泌と株元中枢から節元・端末への逆方向|The fundamental differences in secretion of the conifers and the broad-leaved trees, produced in-take valves and export terminals.|根本的に異なる生命維持の動きを明らかに。Insight 木の内科 -107

阿部蔵之  2023年9月15日(金)

針葉樹は、枝元入節から芯央へ吸収され、バルブ細胞で分泌を調節し、広葉樹では、根元中枢部から抗体を作り出し、中間で増幅する端節ハブシや節元の端末で分泌しています。逆方向の生命維持の仕組みの違いを明らかに。 針葉樹は、枝元 […]

この記事を読む

「好感度自然素材」「木」と食「木」の文化「木」の皮膚科「木識・木学」「樹木イメージ・図象」デザインの目木と人間の関わり木の内科樹木調査

気品と温厚な性質で好感度が高く、緻密材質感も良いコシアブラの樹性|KOSHIABURA _An antiblastic and non-ascendant,moderately firm and favorable, an edible tree_wood in Japan.|有用樹木で若葉から木部まで美味しいイメージ_豊饒な自然林に存立する貴公子の優れた素性 木の内科 -106  

阿部蔵之  2023年9月1日(金)

際立つ特長はなく、穏やかで気品があり_秋早めに落葉して静眠する冬目は 薄く、目立たず邪魔しない。清潔な木肌は優しく、落ち着いた材質は好感度が高い。 刃物アタリ良く光沢あり。抗菌力を備え、湿潤な風土に適応した存立_暮らしに […]

この記事を読む

「木」と産業「木」の皮膚科フレーミング工芸木の内科木工

水落とし立掛け・長期自然乾燥良質材の試み_シウリShuri (swi ni)18年_二つ割り太角の背割りで白太辺材の反り割れを抑える。|The wood-maturization of SHURI 18 yrs.on standing posture. Slight aging effects and stable texture. |柿渋全面塗布フラボノイド上掛け寝かせ_経年劣化がわずかで上質材色旬撰 木の内科 – 104 続

阿部蔵之  2023年8月16日(水)

前稿に続き、実際の工程作業の様子を記載します。 シウリ 2005 二本口 4mもの_二つ割り・太角 立て掛け自然乾燥材_背割り材追柾・平柾挽き   背割り立て掛け_木なり長期自然乾燥 背割り溝 五分切り込みは、 […]

この記事を読む