「木」とともに生きる「木」と政治「木」と産業「木」と経済林業・森林の仕事環境

北シュバルツバルト(黒い森)ノインブルグ森林官の「幼樹園」Eine Baum-Kindergarten Neuenbürg Forestamt von Dr. Heiner R. PABST_Neuburger Nord Schwalzwald, West Germany 1987|自然木を歪めた200年間の林政・人為帰結は、樹性に寄り添う事でした。

阿部蔵之  2024年5月30日(木)

 1987年6月、北シュバルツバルト森林官 Dr.Heiner R. PABST を訪門_ノインブルグ村森林樹木管理の現場を訪ね、多くの重要なご教示を受けました。 森林官 Dr.Heiner R.PABSTの幼樹園(Ba […]

この記事を読む

VITスポット貴重樹木「木」と信仰「木」と政治「木」と環境木と人間の関わり環境

神宮外苑・神田警察通りの樹木バッサリ前に_先達の街路樹育成偉業、長い時間を経て復興到達した都市の貴重な緑地景観を知り、引き起こす環境ダメージまでをお読みなさい。危うい人間の関わり「街路並木」井下 清著 昭和33年1958 全国市長会発行_木のベストブック-19

阿部蔵之  2023年11月29日(水)

市長・区長用に発行配布され、一般には知られていない街路並木に関する専門図書_実践的で基礎研究から重要な専門的知見に溢れています。是非、復刻していただきたい名著です。 井下  清(1884年0 – 1973) […]

この記事を読む

「木」と住まい「木」と健康「木」と政治「木」と教育「木」と環境「木」と産業「木」と芸術「木」と遊び「木」と食「木」のコレクション「木」の人名・地名「木」の文化「木」の本「木」の道具・工具「木と玩具」「木の力」恩恵デザインの目工芸木の総合学木工

成功した「木と人間の関わり展 1985」企画書の著作・デザイン・版下制作_印刷・発行_日本デザイン学会春期大会 家具・木工部会主催| Proceeding of the 6th annual symposium of the JSD. The beginning for an exhibition TO HAVE, TO BE WITH WOOD 1985 for comprehensive research. 木の総合学域研究の始まり 

阿部蔵之  2023年11月3日(金)

木の文化をデザイン分野から包括的に扱うこの展示会は、初めてのアカデミックなアプローチでした。木の国・木の文化圏のプラットホームを築くために。 「木の恩恵」は多岐に渡ります。環境・資源問題が拡がる最中にあり、自然素材の再認 […]

この記事を読む

VITスポット貴重樹木「好感度自然素材」「木」と政治「樹木イメージ・図象」工芸庭木・景観樹日本の自然色木の内科木の総合学木工木香生命構造と機能薬用樹木

針葉樹香木類「いちい・オンコ・ミネゾ」旺盛な養分・抗体の発出_冬目年輪層へ取込むバルブ細胞の鮮明な動き|ゆっくり肥大成長する斉一な気高い木理 | Intakes of the antiblastic nutrients and unifomalized winter grain are appeared in slowly-growing with stable vital sigh_Insights of the red tree and wood ICHII Japanese Yew |生來の抗菌・抗体力をもつ生命維持力と特異な赤木の樹性 木の内科 -95

阿部蔵之  2022年10月8日(土)

日本各地に生育していた赤木針葉樹ですが、樹形や材質が良いので天然林は伐り尽くされ、貴重な資源植物、有用樹種となりました。実際の伐採現場作業_挽材切削から、木材の養生・自然乾燥まで内部の変化を明らかにし、原木サンプルの枝元 […]

この記事を読む

「木」と政治「木」と教育「木」の高等専門校林業・森林の仕事

「林業アカデミー」ブレークアウト_職業訓練校名をアカデミー(学士院・権威団体)シリーズとする仰天ネーミング「世界気絶級」_2001変異株Bの感染拡がり_時限パブリックコメント2021 夏|Spread out a fainting name of Forestry Vocational Training School as” Forestry Academy” A public comment in Japan 2021 |「木と教育」「木と政治」−3

阿部蔵之  2021年9月8日(水)

福島県農林水産部林業振興課 御 「林業アカデミー」 ネーミングにつて 冠省、失礼します。  数日前、三島町の林業・ウッドワークに従事している若手から「林業アカディミーふくしま」開校準備が進んでいることを知りました。  小 […]

この記事を読む

「木」と政治「木」と産業「木」と経済木と人間の関わり木材加工機械木材品質表示・仕様林業・森林の仕事

閑話休題  「ウッドショック2021」果たして輸入木材の供給異変、再来高騰|松本安曇地方の製材所はドンドンなくなり、輸入人乾建築木材製品が製材所に流れ込む異様|Imported wood are run up and stoped in Japan” Woodschock 2021″|木と政治・経済−1.

阿部蔵之  2021年5月7日(金)

昨年から、松本安曇地方では新建築現場を多くみかけます。世代交代の新築・増築や移住希望者の建築工事が多く、少なくなった製材所や建設業は好調です。人工乾燥する時間や経営の余裕はなく、そこへコスパのよい輸入製品材が流れこみまし […]

この記事を読む

「木」と政治「木」と教育「木」の高等専門校ジョイントシステムデザインの目木と人間の関わり木の内科

「木の総合学域」を取り込む森林系高等専門校設立構想アプローチ|「森林文化大学校」(現:岐阜県立森林文化アカデミー)設立前の岐阜県林政幹部職員研修_コンセンサス形成のためのガイダンス資料 2000 |総合知を導き紡ぐエッセンシャルワードかき集め、好感度イメージアップをはかる。|「木と教育」「木と政治」-1.続

阿部蔵之  2020年10月10日(土)

「木 と人間のかかわり」を産業経済の変動や自然史から俯瞰すると多くの課題がハッキリしてきます。総合的な政策つくりを推進するためには、専門関連分野・周縁の「つながり・結びつき」をインプットすると、新しい着想が誘発されたり、 […]

この記事を読む

「木」と政治「木」と教育「木」の高等専門校「木識・木学」木と人間の関わり木の内科木の総合学

卒業したら学校おさらばではない「森林系大学」への世紀末アプローチ|「木の総合学域- 職能」を取り込む高等専門校の設立準備提案の骨子 1996 |岐阜県立森林文化アカデミー実現過程のインキュベーション記録| 「木と教育」「木と政治」−1

阿部蔵之  2020年9月25日(金)

卒業後は〈学校よオサラバ♬〉ではなく、特別講義には遠来の有能なスペシャリストに顔をつなぎ、就業した現場から継続して先達キャリアにコンタクトできる。先端テクノロジーを取り入れ、スキルアップし技能を伝習するとともに、仕事情報 […]

この記事を読む

「木」と政治「木」と環境林業・森林の仕事

県政タウンミーティング 2018 松枯れ対策パブリックコメント・ABE意見  2018年10月20日 長野県知事阿部守一出席・上田市上小森林組合森林センターにて

阿部蔵之  2018年10月31日(水)

「松くい虫被害の総合的な対策について」長野県林務部配布資料の説明後に公開意見表明 PM 3:00 – PM 5:15 各地域から参席約70名、多くの重要な意見や要望発言がありました。阿部知事は「松枯れ問題は民 […]

この記事を読む

「木」と政治「木」と環境「木歴・木録」木の内科林業・森林の仕事環境

赤松林衰弱立ち枯れ・青色腐朽菌の拡がりと抗体抗菌反応バイタルサイン  Waldsterben 松林枯死進行 Insight 木の内科-41

阿部蔵之  2018年4月18日(水)

各地で松喰い虫被害防除の農薬散布を続けて半世紀あまり、松枯れは止まらない。「赤松枯れ死」イコール「松喰い虫被害」ではなく、台風・大気汚染・酸性雨・雪雨氷、土壌変化、寿命、都市化等による衰弱で昆虫や腐朽菌がとりつき立ち枯れ […]

この記事を読む

「木」と政治「木」と環境木と人間の関わり林業・森林の仕事環境

松山枯れは、どんなに農薬を散布してもとまらない。 1960年代からの岐阜県林政部の対策先例と定見 赤松林伐採後の杉植林と柿果樹栽培産地の半世紀後 里山辺東山山麓の赤松枯れ、ニューヨーク州ASH枯れ対策の現在  2017秋

阿部蔵之  2017年11月9日(木)

現在、松本市では「松枯れ防除ネオニコ農薬散布差しどめ行政訴訟」がはじまりました。こと人体・食・生態系にかかわる重大な事案ですから、森林樹木の研究者・林業専問職は、過去の対策から得た様々な経験と知見の提供、最善のソリューシ […]

この記事を読む