「木」と健康「木」と産業「木」と食「木」の道具・工具ハンドツールコネクション日本の自然色木花・木の実薬用樹木

柿剥きフルーツ鉋レビュー  孟宗竹と柱時計ゼンマイ再生鋼刃を活かした鉈割り平反り台 KAKIの優れた手仕事道具を伝える。ハンドツールコネクション-18

阿部蔵之  2017年11月6日(月)

機械剥きが出来ない形でも、一枚刃の棹鉋は剥き実肌を素速く整え、瑞々しい果肉を痛めず。抗菌作用のある天然竹材と柿渋は衛生的で絶妙な取り合わせ。成長の早い孟宗竹に柱時計ゼンマイ鋼を再生利用した柿剥き鉋は、近隣で使われる便利で […]

この記事を読む

「木」とともに生きる「木」とファッション「木」と信仰「木」と健康「木」と医療「木」と環境「木」と産業「木」と神話・伝説「木」と遊び「木」と食「木」の人名・地名「木」の文化「木」の本「木」の歳時記「木のぼり」「木識・木学」伝統文化修複・保存工芸庭木・景観樹日本の自然色木と人間の関わり木と文芸木の総合学木花・木の実樹木箴言・格言環境

「柿」スーパーフルーツツリー・生活共生樹 「木の総合学」のための良書 ベストブックライブラリー 2017

阿部蔵之  2017年11月3日(金)

「木と人間の関わり」を総合的に研究するための資料は、引用・コピーではなく、可能な限り現物とオリジナルを収集します。複写・複製では本来の凄みや実感が削ぎ落とされ、資料力が殺がれてしまう。 1975年から現在までに出会った図 […]

この記事を読む

「木」と医療「木」と食「木」の歳時記ジョイントシステム日本の自然色木界木花・木の実自然の造形薬用樹木

縄文ナッツ栢の木実からの考現  葉先に鋭い尖針をつけ、匂い香り成分で抗菌、動物も寄せ付けず、樹脂成分が多く針葉樹最大の果実は、翌年秋口までスロー成熟。進化を遂げた雌雄別樹体の抗菌緻密材質を識る。木の内科 – 30

阿部蔵之  2017年10月1日(日)

秋が深まり、栢の実が地面に落ちて芳香が漂います。棘葉も果肉もリモネン・テルペンの香りと脂肪油分で覚醒薬理作用を再確認。集めてじっくり観察。栄養価が高く、縄文時代から採集してきたナッツからも樹体の本性を識ることに繫がります […]

この記事を読む

「木」と産業「木」と食伝統文化工芸

純木灰のバイヲ・工芸的連続利用 灰篩い2016・2017 木灰の応用研究

阿部蔵之  2017年9月6日(水)

広葉樹の燃焼灰は、藍染めの灰あくアルカリ成分が発酵栄養分となり、更に固形分は陶芸材料にまわります。多目的連続成分利用の自然ミネラルマテリアルです。 純木灰の藍染め工房御用達 苛性ソーダに比べ、藍の自然発酵が盛んになり、染 […]

この記事を読む

「木」と食伝統文化工芸日本の自然色

閑話休題 日本の自然色「蕨色」は純木灰の力を借りて(あく抜き)

阿部蔵之  2017年5月15日(月)

薪ストーブの火が消えると蕨さんが訪れ、純木灰が活躍してくれます。 季節の恵みは物候に従い、朝採りの絶妙な味わいと美しい和色が彩り、つかの間の至福です。根から精製したワラビ粉は最高の和菓子や工芸糊に。 木灰は染色・陶芸・料 […]

この記事を読む

「木」と健康「木」と食「木」の文化クラフトフェア伝統文化修複・保存工芸

最上の手仕事は、使い続けるうちに美質だけでなく、品位や耐久性、制作技倆、造形センスに使い手も呼応して自然素材の抗菌衛生・エコ環境性能に気づかされる。毎日使い10年・20年比較、修複再生からみる佐藤阡朗漆工芸作品・別格セレクション1996 – 2007 クラフトフェア ベストプロダクト−10

阿部蔵之  2017年5月4日(木)

「見せかけや、姿形の面白さ、思いつきのグッズやパフォーマンス作家や未熟な技量によるデザイン遊びや、名誉志向が見え隠れする人柄の横行する今- – -」20071025 漆展 目先を変えこねくる。ますます安逸にデ […]

この記事を読む

「木」と産業「木」と食「木」の本キコリ杣仕事木工木材加工機械

「黒い森とアルプス山脈国の古い水車製材 Alte Bauernsägen 」鋸製材の歴史 +「日本の水車」ウオータークラフト図書 木のベストブック-16

阿部蔵之  2016年4月18日(月)

「シュバルツバルト(黒い森)アルペン地方の古い農民水車鋸製材」 (スイス・ドイツ ビッテンブルグ州・オーストリア・イタリア地方) Alte Bauernsägen im Schwarzwald und in den Al […]

この記事を読む

「木」とともに生きる「木」と健康「木」と医療「木」と環境「木」と食「木」の文化日本の自然色木と人間の関わり木の内科木の総合学木花・木の実樹木調査薬用樹木

朴の木・日本象徴樹の健やかでユニークな樹性と実力 ブロック材マテリアルトリートメント-04  Insight 木の内科-19

阿部蔵之  2016年3月21日(月)

日本の風土を表す木のイメージカラーを選ぶと言われて、真っ先に朴の芯生材色・鶯色を選びたい。葉枝樹皮には抗菌駆虫薬理成分があり、虫黴びを抑制。刃物当たりや木味よく、自然乾燥早く安定し形崩れしにくい。成長伸び繁殖力は順当で、 […]

この記事を読む

「木」と食「木」の道具・工具ジョイントシステム木工

古代製塩木具が現代に活きる仁江 揚ヶ浜 食を繫ぐ循環自然素材と割楔 木工ジョイント-13.

阿部蔵之  2015年4月20日(月)

海水を汲み上げ担いで塩田に撒き、釜で塩木を焚いて製塩する古来からの木の道具一式。木の柄を篦に接合固定する方法は祖型をどどめ、カイ桶(汲み桶)・打桶(撒き桶)・柄振(攫い)・コミ(掬い)・舟枠と濾し藁、燃料薪 すべてに人力 […]

この記事を読む

「木」と医療「木」と建築「木」と芸術「木」と食工芸木と人間の関わり木の総合学

樺・BIRCH 総合的な視点からのアプローチはじまり 「木」のベストブック−10

阿部蔵之  2014年10月20日(月)

生物・材料・家具・建築・医療・芸術分野における「木と人間の関わり」を従来のカテゴリーを越えて総合的にとらえ、樺・Birchの諸相を展示構成。世紀末にスイスでも横断学的な見方が生まれ、樹種素材を編纂した先導的な企画が実現し […]

この記事を読む

MT マテリアルトリートメント「木」とともに生きる「木」と医療「木」と祭り「木」と食「木」の文化木と人間の関わり薬用樹木

樺の木 「クラフト・エコ・メディカル」マテリアル Birch Tree and Wood 木録

阿部蔵之  2014年9月29日(月)

樺 (カンバ)は、自然循環資源・生命維持に重要かつ多様な役割を果たしてきました。木の現場から実務・実学をズームアップ。先ずはサバイバル樹皮から樺内科へ  白樺樹皮剥がし:春先水揚げ後、肥大時期に見事にパックリ剥がれる   […]

この記事を読む

「木」と遊び「木」と食「木」のコレクション工芸木と人間の関わり自然の造形

「木」のコレクション・コレクターズアイテム – 続  バウ工房 大門 嚴「木の箸置き」ベストクラフトデザイン

阿部蔵之  2014年9月22日(月)

魅力的な多種類の木材を使いアートクラフト作品を創作。実用機能と美的要素に遊び心を会わせもつコレクターズアイテム・タイムレスクラフトデザイン 魅力的な樹種・材色を活かしてクラフト作品に仕立てることは、木工人ならば誰でも意図 […]

この記事を読む

「木」と食「木識・木学」木と人間の関わり木の内科木界木花・木の実薬用樹木

ライバル樹 山椒の木とウコギ 木の内科ー6

阿部蔵之  2014年8月11日(月)

10年生の山椒のお隣にヤマウコギが実生で生え、6年間の制空バトル。棘あり若葉が食べられ薬味成分の点で似ていますが、有用木でも内部組織・クオリティの違いがはっきり 市道沿いで枝張りが進み目立つようになると、春先、木の芽採り […]

この記事を読む

「木」とともに生きる「木」と食工芸日本の自然色木と人間の関わり木の内科木工薬用樹木

自然再生循環工芸素材・エネルギーセーブ 先行ECOシステム「桑の木」

阿部蔵之  2014年6月15日(日)

無理がなく、最も望ましい多段階自然循環系モノ造り生業は、日本のローカルに残る。 桑は最有用樹であり、シルク織物産業から燃料、薬理・食品加工、工芸、農業の各分野でつながる地域循環完結の先例。Co2やゴミ廃棄物を出さず、経済 […]

この記事を読む