「木」の道具・工具ジョイントシステムハンドツールコネクション伝統文化工具・刃物木工産業イノベーション

発明家的指物師伊藤吉之助の第九・第十の道具抽斗から -2   測量用アリダード Aridade 国産モデル精密木工ワーク 鉋刃型フリー割台セパレーツ構造|目盛り定規スライドメカ|面取り剣先溝突き際脇底取り|より専門性を極め、拡張される鉋切削機構

阿部蔵之  2019年3月31日(日)

明治期から測量に使われた平板・三脚、アリダート、磁針箱は木製でした。初期のアリダードボデイ、及び、磁針箱は、緻密で収縮のない優良なツゲ材、追柾・柾目取りでした。ボディの切削・溝突き、成形、定規目盛り付けを行い、測量機具メ […]

この記事を読む

「木」の道具・工具ジョイントシステム工具・刃物木工産業イノベーション

日本台鉋の進化 第三次エポックメイキング 20世紀初頭 発明家的指物師伊藤吉之助のイノベーション 刃型フリー、台のセパレーツ合せ構造、隅丸脇取りルータ鉋の独創に系統的拡張性を見出す。

阿部蔵之  2019年3月30日(土)

錐からドリル刃、脇取り隅丸脇取り台鉋からルータ鉋を考案 伝統木工芸指物から精密木工新分野へのシフト  明治後期より、計装・測量器具や鐵道・建築製図定規を製作し続けた祖父の業績は、日本の近代産業を支え、精密木工業技術史に耀 […]

この記事を読む

「木」とともに生きる「木」とファッション「木」と住まい「木」と健康「木」と建築「木」と環境「木」と産業「木」の文化「樹木イメージ・図象」ジョイントシステムデザインの目修複・保存擬木・擬造木と人間の関わり木の総合学環境産業イノベーション

「擬木論 2018」 模木の始まりから「擬木」「偽嘘フェイ木」「ニューツリー」まで  今、日本人はポリ・ビニール袋の中に寝ている。

阿部蔵之  2019年1月10日(木)

セメント擬木破損をいぶかしく見つめる木の玩具スイスデザインメーカーKurt Naef 2002年4月 都立井の頭恩寵公園・武蔵野市にて 木目は好感度が高く、樹木を嫌いな人はいない。樹木をみて触れれば気分はよくなり、木目プ […]

この記事を読む

ジョイントシステム工芸木工

「割り楔」「楔締めジョイント-Ⅱ」 相伝されない正調 寸足らずの糊切れ吐き出し 造形的木口処理パーソナルタッチ 木のジョイントシステム-31

阿部蔵之  2018年12月12日(水)

割り楔に定寸はなく、ソリッド材木口の締め固め構造ジョイント。テーパーをつけ、ひと鉋、楔丈は母材厚みの2 / 3 見当。本来は隠す角枘・丸枘頭、近年は手仕事を魅せる造形的ロック。チップソー切断のまま打てば接着剤濡れ浅く、痩 […]

この記事を読む

「木」と医療ジョイントシステムデザインの目木工

1945年敗戦直前の「陸軍衛生材料廠木箱」 アーミィメディカルウッドボックス 赤松板青色腐朽菌もまだ生きている2018年夏

阿部蔵之  2018年8月15日(水)

赤松荒板釘打ち、平蝶番・鍵締まり木ネジ止め、縄結び。工業化スタンダードにはほど遠く、戦時医療物資のコンテナ配送専用システムとしては考えないまま終わりました。因みに、この梱包輸送木箱は、収納系最小限材料構成の基本構造として […]

この記事を読む

「木」と芸術ジョイントシステムデザイン修複・保存工芸木工

木の大学特別講座2018  〈木〉と保存・修復—2 「絵画の保存額装 」「木の内科 保護・抗菌抗体材質」世界初の最進レクチャー案内(予告)

阿部蔵之  2018年3月6日(火)

絵画の保存額装    数百年先も重要であるために ジョイントレクチャー 絵画の保存額装と 自然木ソリッド材の抗菌・保護 マテリアルトリートメントについて ①「額縁の裏側 — 枠から器へ — 」       講師:工藤額装 […]

この記事を読む

ジョイントシステム修複・保存工芸木と人間の関わり木工

二つの熱帯南洋材クライシス 「熱帯雨林森林破壊、資源枯渇・生態系撹乱」「海水貯木塩分含浸による腐蝕リスク」見えない塩分ダメージ  数百年先も重要であるために AASCF アート作品の科学的アプローチによる保存額装のはじまり

阿部蔵之  2018年2月17日(土)

額縁をつけ、ガラスを嵌めると保存できるような錯覚がおきます。額装の見栄え品格は表・顔化粧ですが、保存品質は裏側の造りが重要な役割を担います。裏をみれば保存のレベル・仕事の品位が判る。 絵画・書画に額縁をつけると安心します […]

この記事を読む

「木」と住まいジョイントシステム修複・保存工芸木工

ブラックウォールナット・ソリッド材の練りつけパックリ 糊切れキリバリ木工 鑢目おろしサライ鑿ではらう残渣修複 ジョイントシステム-29  ハンドツールコネクション-22

阿部蔵之  2018年2月10日(土)

エポキシ樹脂、尿素樹脂系接着剤、水溶性ボンド・酢酸ビニールエマルジョンタイプの接着剤では、油分を含有する広葉樹材接着が経時劣化で剥離することがあります。長期の自然劣化で、とくに濃い材色、重い輸入ソリッド材の突きつけ接合部 […]

この記事を読む

ジョイントシステム木工

國政流組手「組手-江戸指物の美」贋作・変形 著作権侵害警告  Copyright infringement!! KUMITE The Art of Kunimasa Wood Joinery JAPAN 2016

阿部蔵之  2018年1月26日(金)

高松市 歯ART美術館 殿 「匠の手わざ2018 組子展」にて展示される「組接」35点は、私の著作「江戸指物の美 國政流変形枘・逆枘の系譜」の模倣変形であり、1985年ギャラリースペース21にて開催しました個展展示作品の […]

この記事を読む

「木」と産業ジョイントシステム木工木材品質表示・仕様

ある日突然の集成ソリッド材の矧ぎ糊切れ 化学合成熱硬化型接着剤の「時限接合」 ジョイントシステム-28

阿部蔵之  2017年11月25日(土)

接着・練り物の寿命は、接合面の耐久強度だけでなく、接着剤自体の分子劣化でもクラック破断。製品サンプルピースでは、無負荷・衝撃なし棚置き40年で自然剥離が起き、予兆なく音も無くパックリ。素材間の合着ジョイントではない合成化 […]

この記事を読む

ジョイントシステムデザインの目工具・刃物環境産業イノベーション

替刃式鋸全盛 柄装着ジョイント機構のデザインレビュー 修理も目研ぎも再活もしないハイテク刃物工業製品の使い捨てブレーク ジョイントシステム-27

阿部蔵之  2017年11月15日(水)

使い捨て替刃が世界に広がり、鋸の歴史も大きく変わります。安い・切れる・長持ちで便利。目立て修理や回収再利用はしないのでハイテク鋼材の使い捨ては資源・環境をそこね、産業の在続を歪めるもの。替刃式鋸刃と柄ジョイント脱着・係止 […]

この記事を読む

ジョイントシステムデザイン

閑話休題 名刺新調 ドメインネームが変わりました。

阿部蔵之  2017年11月1日(水)

菊薫る霜月 國政流変形枘「小菊」墨付けであしらう組手図案は 断裁精度が良いと横手茎パターンが現れます。 紙折り、専用メモパッド、箱パッケージ エネル技を使い果たすまで幾年月 休まず「現益」を勤めます。 枯葉舞う冬の到来で […]

この記事を読む

「木」と医療「木」と食「木」の歳時記ジョイントシステムフルーツウッド日本の自然色木界木花・木の実自然の造形薬用樹木

縄文ナッツ栢の木実からの考現  葉先に鋭い尖針をつけ、匂い香り成分で抗菌、動物も寄せ付けず、樹脂成分が多く針葉樹最大の果実は、翌年秋口までスロー成熟。進化を遂げた雌雄別樹体の抗菌緻密材質を識る。針葉樹フルーツウッド 木の内科 – 30

阿部蔵之  2017年10月1日(日)

秋が深まり、栢の実が地面に落ちて芳香が漂います。棘葉も果肉もリモネン・テルペンの香りと脂肪油分で覚醒薬理作用を再確認。集めてじっくり観察。栄養価が高く、縄文時代から採集してきたナッツからも樹体の本性を識ることに繫がります […]

この記事を読む

「木と玩具」ジョイントシステムデザインの目伝統文化工芸木工

エアロ廻転翼の扇割り、菱組み、立体カラクリ玩具に近世江戸伝統木工技術のルーツ伝播を辿る ロシア民俗木造彫刻・工芸玩具にトランスファー。

阿部蔵之  2017年9月7日(木)

江戸後期に訪日したロシア視察団は、日本各地の工芸品を蒐集して帰り、エカテリーナ二世の勅命で手工芸貿易品育成政策に反映させました。ロシア東地方や中央部には、その伝播による独自のクラフト品が生まれ、近年まで制作されていました […]

この記事を読む

ジョイントシステム修複・保存木工産業イノベーション

精螺・締め付けネジ部品から接合組立用「ジョイントシステム」への発想転換 ハイエンド木工ジョイントシステムの開発イニシエーション 1978, 2017

阿部蔵之  2017年8月10日(木)

ネジ締め付け着脱・テーパー楔作用の原理は、古代のインカ帝国遺跡発掘品にもみられ、人類史上、道具メカニズムの偉大なイノベーションでした。ジョイント部は、構造物を成り立たせる最も重要な接合部ですが、切り欠き応力集中により最も […]

この記事を読む

「木」と芸術ジョイントシステムハンドツールコネクション修複・保存

特別講座「木と修複・保存」MoMA Conservatorレクチャー後のワークショップ見学訪問-1 絵画修複と保存額装シークレットワーク バックフレーミング先進アート保存技術の実際  上田市立美術館・工藤保存額装工房

阿部蔵之  2017年6月6日(火)

レクチャー翌日からの講師同行の工房訪問見学は、専問家の共感を増幅し、はたして実質上の本格的なレクチャー続きとなりました。現場訪問・取材イクスカーション 5月28日 ~ 29日 ①保存桐箱制作 渡邉木工所(大正期から三代続 […]

この記事を読む

MT マテリアルトリートメントジョイントシステムデザインの目ハンドツールコネクション修複・保存工具・刃物工芸木工

日本の木工圧締具「端金ハタガネ」は、あまり大事にされない端役も寸前で無ければ困り慌て、仕事は進まない。クランプとは、ひと味違う半端ではない係止締め付け機能をユニバーサルデザインから再評価  ネジ締め付け・カシメジョイント機構のベストハンドツールコネクション-16

阿部蔵之  2017年5月17日(水)

Jハタガネは、嵌め合わせ・締め付けから外しまで素速く係止、仮締めも即座に外せ、締め直し後もアジャストできる。修複・組立てに便利で丈夫で能率的。平型コンパクト、収納場所を取らず、強引につぶすような力ずくトルクではなく、ほど […]

この記事を読む

ジョイントシステムハンドツールコネクション工具・刃物木工

「なぜ長くよく削れるのか日本平台鉋新考」- 続々      重心位置が刃先にある引き削り式和鉋と刃後に離れる押し削り西洋平鉋台の仕様比較 ネジジョイント圧締に勝る楔嵌合一体化構造 際立つシンプル優位性・合理的完成度 伝世品・裏金の識別 ハンドツールコネクション-14

阿部蔵之  2017年3月18日(土)

長い時間をかけて伝承されてきた道具には、多くの工人が現場で工夫を重ね、洗練された技の結晶とも言うべき完成した形が備わっています。極めて優秀な日本の鑿・鋸・鉋の技術は、次第に世界へ伝播していきます。最近は、北米をはじめ、ヨ […]

この記事を読む