「木」の道具・工具キコリ杣仕事ジョイントシステム林業・森林の仕事

斧木柄ぶっちぎれ 有りえない白樫柄ヘッド剪断- 極めて危険な素人装着 「斧・鳶口木柄切断ケーススタディ 」 木のジョイント-17 追補

阿部蔵之  2016年12月7日(水)

杣・木樵職が見たら絶句するほどの見事な樫柄もぎれ。有り得ない無法な「樫柄のすげ方」出現。斧ヨキの「ひつ」(嵌合孔)装着は、衝撃荷重を受け「段ツキ枘差し」では脱落、折れちぎれる。 割りヨキ 斧 諏訪型 山梨県北杜市  fb […]

この記事を読む

ジョイントシステムデザイン工芸木工

稀少材ソリッド「木口寄せ木モザイク・熱風絶乾・表裏同等」 自然素材の最上美質 ハイエンドクラシック・ノーブルデザイン Tranekaer Furniture 続

阿部蔵之  2016年9月16日(金)

 エキゾティック美麗貴重材の選りすぐり、気品と格調高い雰囲気をもつ最高級家具としてデザインされ、城主伯爵が手掛ける工房制作は家具製造関係者の羨望を集め、ブランドの存在感は大きいものでした。1970 -1980年代のダニッ […]

この記事を読む

ジョイントシステム工芸木工

固まらない引出し前板ソリッド材組手  Wrapped Dovetail Joint 設計ミス事例 デンマークTranekaer Furniture  木のジョイント-27

阿部蔵之  2016年9月10日(土)

家具のデザイン設計は単純な構造にみえても、素材の個性・構成部材のデティールにより微妙な動きが出て、目違いズレ・剥離の不具合が顕れる。経年変化を読み、基本構造・正しい仕上げを知らないと、後から困り大変なことになることが多い […]

この記事を読む

「木」と環境「木識・木学」ジョイントシステム木界

閑話休題 地下菌媒体による樹根おしゃべりネットワーク ミクロバイオータ異次元通信コネクション

阿部蔵之  2016年9月7日(水)

「樹木は根から土壌の菌媒体でコミニケーションしている」 先端研究紹介/ YALE environment 360 01 SEP 2016: INTERVIEW Exploring How and Why Trees ‘T […]

この記事を読む

「木」と環境ジョイントシステムデザイン木工

90年間色あせないプログラムファニチャーデザイン EIN MÖBEL BUCH 家具のベストデザインブック -02

阿部蔵之  2016年9月3日(土)

家具の基本機能をコンポーネントで組み合わせるプログラム構成家具のオリジナルデザイン提案は、図面ではなく基本モデル群を実作。プレゼンテーションに本を印刷し刊行。バウハウスと同期・連関したデザイン手法は、斬新さが失われずに現 […]

この記事を読む

ジョイントシステムデザインデザインの目工芸

アートクラフト金属工芸表面加飾 Tech. レシピ付き工房ワーク ベストブック-1.

阿部蔵之  2016年6月3日(金)

ハードウエアーまで自作すると作品の完成度は高まり、制作者のセンス・資質は細部に宿る。作風は雅び、オリジナリティ・完成度は自ずと高揚する。 クラフト作品に市販既成をつけると量産工業製品イメージにひきずられ、手仕事の良さが損 […]

この記事を読む

「木」の文化ジョイントシステム伝統文化工芸木工

「組手・國政流 江戸指物の美」雛型・撮影・著作・制作・発売・発送まで30年の鈍行 果てしない相伝具伝はさらに続く。

阿部蔵之  2016年5月25日(水)

「組手」江戸指物の美  正座して表紙に國政刻印を打ち、本日から発売・発送を開始板します。 B5版 P.114 オフセットモノクロ印刷 マットアート紙 無線左綴じ・カバー付き ・コンテンツ http://kurayuki. […]

この記事を読む

「木」とファッションクラフトフェアジョイントシステムデザインデザインの目木工

クラフトフェア 31年目のベスト展示構成 仮設基本構造とKD組立什器デザイン ベンチワーク日野 健の独創 ジョイントシステム-26.

阿部蔵之  2016年5月16日(月)

 CFM31年、クラフトステージ裏方サポート、展示構成の実作に滲み出る才能は、公募審査こぼれ選外でも姿・足跡は刻まれる。多くの展示・什器の並ぶなかで、既視感がなくハットする斬新なアイデア、秀でた造形力は稀少。作品制作が精 […]

この記事を読む

「木」の文化ジョイントシステムデザインの目伝統文化工芸木工

國政流組手イノベーションと秘伝相伝-7. 「重力に反し、木目に逆らい、コモンセンスを否定する物理的に不可能なジョイント逆枘と変形枘の系譜」KUMITE 著作・出版 木のジョイント-25.

阿部蔵之  2016年4月25日(月)

Defy gravity, defy grain, defy common sense, absolutely physically impossible joints to prove that a human bei […]

この記事を読む

キコリ杣仕事ジョイントシステムハンドツールコネクション木工林業・森林の仕事産業イノベーション

「木挽き鋸 ・縦横根切り」世界最大・最強鍛造から最先端革命的高精鋸刃の開発・目研ぎへ 日本の鋸レビュー-1.

阿部蔵之  2016年4月4日(月)

良質材がなくなると刃物は進化し、技術が補う。刃物道具は手仕事の象徴であり、産業技術から時代の気質や生業姿を物語る。木材がなくなると人工ボード・アルミや合成複合素材へ移行して超硬チップソーが出現、無機質素材へシフト。自然生 […]

この記事を読む

「木」の文化クラフトフェアジョイントシステムデザインの目工芸木工

デザイン・アート化の偏り、遊びの造形軸からシフトしていく先にあるもの-2. 上質のスキルを魅せる実作・個展の場 クラフトフェアの本来・未来

阿部蔵之  2016年2月1日(月)

技能習熟は、学歴が邪魔しない瑞々しい若い内に。芸事は生まれる前から、ミラノ座のオペラ歌声は三代遡る。中国色絵磁器・赤絵は三代にわたり綺麗な赤を出すために絵具を磨ると。大学院を出てからコウトウ技能訓練校に入る現象は、なんか […]

この記事を読む

「木」の道具・工具ジョイントシステム木工

國政流相伝−5. 合わせ下端定規 表に見せないジョイント機巧「送り蟻 – 続」+雇い蟻駒 木工ジョイントの研究-24.

阿部蔵之  2016年1月18日(月)

表に出ない「送り蟻」は、化粧と変形を抑え締め付ける機能を一体化させたシンプルな外せるインターロックジョイント機構 定規は安易に買う物ではなく、身近の寝かせた良質な材料で狂わない、使い勝手のよいものを自作するのが木工プロの […]

この記事を読む

「木」の道具・工具ジョイントシステム木工

「送り蟻」と「呼子」「木口台・留め台・合掌台の組み削り台」國政流の相伝-4. 木工ジョイント -23. 

阿部蔵之  2016年1月11日(月)

表に見せない、蟻型締め付けインターロックジョイントとして細工物に使われてきた匠の伝承技法。目立たず、見えない隠れた所にも技を駆使するクラフツマンシップは、江戸期上方からの「下り物」。日本独自の精密木工技法は時空を超えて継 […]

この記事を読む

「木」と遊び「木と玩具」ジョイントシステム木工

「蟻」と「天秤」の違い・識別  國政流の相伝-3. 木工ジョイント-22.  

阿部蔵之  2016年1月4日(月)

「天秤」は組手系譜の基本原形で「蟻は組まない」仕掛ける  学校で教える知識や技法本から覚える内容と親方筋習得の相伝には、言葉の違いが相当あり、教職が寄せ集めて蒸留編纂した学術的外来造語では、違和感・異物のざらつきが残る。 […]

この記事を読む

「木」と建築ジョイントシステム

頓春・A Happy New Year 2016

阿部蔵之  2016年1月1日(金)

新年のご気分は、なみなみ極上でしょうか。 旧暦迎春、重文継手実測オールドカードで失礼します。   人の繋がりを根接ぎジョイントに託した未完年次レポですが、先人の技を学べる木の文化財の継手根接ぎTSUGITE がエコ面白い […]

この記事を読む

「木」の道具・工具ジョイントシステム木工

楔からスパイラル・ネジ締め付け機構の先史発明  穴堀り棒木に石錘を緊結 木工ジョイント-21.

阿部蔵之  2015年12月28日(月)

 現代のファスナージョイントは古代の楔から始まり、文明を飛躍的に発展させる重要な役割りを担い、いまなお工業製品の表には見えない主役です。電子機器を発展させた回路ボードテクノロジーは、基板精密ドリル加工を経てSMT表面実装 […]

この記事を読む

「木」と建築「木」の文化ジョイントシステムデザインの目工芸木工

國政流相伝 -2.「契り」と「楔」の種類 伝統の形・江戸指物技法 -続 木工ジョイント- 20

阿部蔵之  2015年12月21日(月)

相伝によれば、「契り」と「楔」の違いが曖昧になり、近世から現代に至ると大工用語と指物・木工界では異形同語、同義になる。楔(セチ・ケチ・キツ・クサビ)の本来は、門の両柱を「楔」といい、大切なる物体を支えることが字源。扉を取 […]

この記事を読む

「木」と産業「木」の道具・工具ジョイントシステム木工

棒屋の止め楔 -続「手斧と削り当て打ち木床」床座の仕事場 木工ジョイント-19.

阿部蔵之  2015年12月14日(月)

「切る・削る・掬う・打つ・突く・掘る・刻む・彫る」 人の使う柄付き道具は数多く、握り柄を調整したり修理する棒屋・柄屋 ・堅木木工と呼ばれる専門職がずっと地域の産業を支えてきました。「大工は両手、棒屋は片手手斧。 楔が打て […]

この記事を読む