「木」とともに生きる「木」とファッション「木」と信仰「木」と健康「木」と医療「木」と環境「木」と産業「木」と神話・伝説「木」と遊び「木」と食「木」の人名・地名「木」の文化「木」の本「木」の歳時記「木のぼり」「木識・木学」伝統文化修複・保存工芸庭木・景観樹日本の自然色木と人間の関わり木と文芸木の総合学木花・木の実樹木箴言・格言環境

「柿」スーパーフルーツツリー・生活共生樹 「木の総合学」のための良書 ベストブックライブラリー 2017

阿部蔵之  2017年11月3日(金)

「木と人間の関わり」を総合的に研究するための資料は、引用・コピーではなく、可能な限り現物とオリジナルを収集します。複写・複製では本来の凄みや実感が削ぎ落とされ、資料力が殺がれてしまう。 1975年から現在までに出会った図 […]

この記事を読む

「木」と医療「木」の皮膚科木の内科薬用樹木

木の医薬・天然染料・工藝素材につかわれる有用樹木「キハダ」 樹体内に強い抗菌性をもつメディカルツリーは森の優良ファーマシー Insight 木の内科-32

阿部蔵之  2017年10月16日(月)

厚い外皮コルク層で外気温・風雨衝撃を緩和し、内皮層で生成する苦味アルカロイド物質で害虫や菌類の侵入をはばみ、樹体が抗菌・抗体物質をつくりだす森の中のファースト薬材士キハダ。 秋材年輪層を厚くして、構造強度も高めるトリプル […]

この記事を読む

「木」と医療工芸日本の自然色木の内科薬用樹木

健胃生薬、エコ天然染料「苦木」 ニガキの害傷セルフキュアー抗体反応と芯央色素移動 Insight 続 木の内科-31

阿部蔵之  2017年10月13日(金)

黄色材には、苦木・黄蘗・漆があり、昔からその薬理作用を利用してきました。立ち木は、害虫や黴菌類微生物が寄り付かないように枝葉から香り匂うテルペン物質を発散したり、抗体物質を造り出し、樹体内で色素となって集積しています。木 […]

この記事を読む

「木」と医療「木」と食「木」の歳時記ジョイントシステム日本の自然色木界木花・木の実自然の造形薬用樹木

縄文ナッツ栢の木実からの考現  葉先に鋭い尖針をつけ、匂い香り成分で抗菌、動物も寄せ付けず、樹脂成分が多く針葉樹最大の果実は、翌年秋口までスロー成熟。進化を遂げた雌雄別樹体の抗菌緻密材質を識る。木の内科 – 30

阿部蔵之  2017年10月1日(日)

秋が深まり、栢の実が地面に落ちて芳香が漂います。棘葉も果肉もリモネン・テルペンの香りと脂肪油分で覚醒薬理作用を再確認。集めてじっくり観察。栄養価が高く、縄文時代から採集してきたナッツからも樹体の本性を識ることに繫がります […]

この記事を読む

「木」と医療薬用樹木

蜂刺され応急手当・柿渋Pershimmon Tannin 蛋白毒中和処置 木材黴び防止 自然由来のケミカル・医療ケアー、工芸バイオマテリアル -2

阿部蔵之  2016年9月1日(木)

旧暦お盆を過ぎると大型蜂の活動がブレークし、今時は忙しく神経質で刺されやすい。 刺されたら先ず柿渋をどばっと塗りこみ、傷口から針・皮膚表面の毒素を除き、消毒用アルコールふき後もすりこみ続ける。 柿渋タンニンは、激しく蛋白 […]

この記事を読む

「木」とともに生きる「木」と健康「木」と医療木と人間の関わり薬用樹木

閑話休題 Sauna vihta の季節になりました。

阿部蔵之  2016年6月9日(木)

白樺の新若枝を束ね、乾燥して冬に使う「サウナビィータ体叩き」 乾燥保存後、水で戻しサウナ風呂内で体を叩き血行循環・肺機能をたかめる必需具です。 Finland では白樺採りが始まっているでしょう。 「To finns t […]

この記事を読む

「木」とともに生きる「木」と健康「木」と医療「木」と環境「木」と食「木」の文化日本の自然色木と人間の関わり木の内科木の総合学木花・木の実樹木調査薬用樹木

朴の木・日本象徴樹の健やかでユニークな樹性と実力 ブロック材マテリアルトリートメント-04  Insight 木の内科-19

阿部蔵之  2016年3月21日(月)

日本の風土を表す木のイメージカラーを選ぶと言われて、真っ先に朴の芯生材色・鶯色を選びたい。葉枝樹皮には抗菌駆虫薬理成分があり、虫黴びを抑制。刃物当たりや木味よく、自然乾燥早く安定し形崩れしにくい。成長伸び繁殖力は順当で、 […]

この記事を読む

「木」と医療「木」と環境「木歴・木録」「木識・木学」庭木・景観樹木の内科

緋桂優撰・青桂嫌棄 「桂」赤青・固有の材質とクオリティInsight 木の内科-14

阿部蔵之  2015年6月29日(月)

葉・花・実・種・樹皮の「外観・外相分類学」ではなく、樹体内に入り、カット後の生体経時変化、クオリティ、固有の性質を診る樹の内科は、まだ未明・不明・未開。日本オリジナル種「桂」の専門書はなく、樹木の内相は「ナイカ」。ミクロ […]

この記事を読む

「木」と医療「木」と建築「木」と芸術「木」と食工芸木と人間の関わり木の総合学

樺・BIRCH 総合的な視点からのアプローチはじまり 「木」のベストブック−10

阿部蔵之  2014年10月20日(月)

生物・材料・家具・建築・医療・芸術分野における「木と人間の関わり」を従来のカテゴリーを越えて総合的にとらえ、樺・Birchの諸相を展示構成。世紀末にスイスでも横断学的な見方が生まれ、樹種素材を編纂した先導的な企画が実現し […]

この記事を読む

MT マテリアルトリートメント「木」とともに生きる「木」と医療「木」と祭り「木」と食「木」の文化木と人間の関わり薬用樹木

樺の木 「クラフト・エコ・メディカル」マテリアル Birch Tree and Wood 木録

阿部蔵之  2014年9月29日(月)

樺 (カンバ)は、自然循環資源・生命維持に重要かつ多様な役割を果たしてきました。木の現場から実務・実学をズームアップ。先ずはサバイバル樹皮から樺内科へ  白樺樹皮剥がし:春先水揚げ後、肥大時期に見事にパックリ剥がれる   […]

この記事を読む

「木」と医療工芸木と人間の関わり木の総合学薬用樹木

柿渋 – 伝統文化を支え、多用される自然エコマテリアル・蜂・蛇毒消し中和、黴よけ・撥水・染め塗り・漆下地。

阿部蔵之  2014年8月15日(金)

「蛇・蜂・ムカデ」蛋白毒の中和用柿渋。蜂刺されに柿渋がベスト体験でした。多用途で優れたナチュラルメディカルプロダクツを使いこなします。   柿渋は、清酒・染色・防虫・防水・コーティング剤、痛風治療になど、昔から […]

この記事を読む