「木歴・木録」木の内科木界樹木調査薬用樹木

ダイナミックで鮮明な樹体内抗体治癒多重アクション   芯央逆肥大成長・節からの放出・芯割れ色素集積とレジスト 黴菌類・虫が寄りつかないコブシのミクロ潜性バイタルサイン Insight 木の内科-36

阿部蔵之  2017年12月13日(水)

抗体色素のラジアル拡散・尖形突出、年輪周縁脂の滲み出し、ダメージ部へのワープ。害傷セルフキュアや菌類虫ガードで縦横斜めに動く。非常時の樹体反応は、リアルで複雑な高等メカニズム。細胞間壁を抜け、縦横斜方に年輪維菅束をスルー […]

この記事を読む

「木歴・木録」木の内科木界樹木調査自然の造形

崖っぷちに立つ極薄樹皮「タムシバ」の雪氷倒木 傾斜樹の応力レジスト 倒れまいとするミクロの向芯水平交差組織は、クロス・チェンジアップ、シンカー、ダイビング、ツイスト、ワープして捩れ絡む Insight 木の内科-35  

阿部蔵之  2017年12月10日(日)

厳冬期一月末、積雪後の氷雨3日間過重耐抗限界で倒れたタムシバ若木の樹幹。外部応力による変形、害傷セルフキュアー、抗菌バリアの総出動。樹体維持のためにダイナミックな不倒耐久構造を造り出す。 極薄外皮の樹木は、樹体内で外力負 […]

この記事を読む

「木」とともに生きる「木」と環境デザインの目樹木調査環境

高圧送電線電磁波にのけぞる赤松林樹姿 鳥獣保護区樹木のダメージ・苛酷な被圧反応から見えてくるもの

阿部蔵之  2017年6月18日(日)

中信北信特別高圧線 154,000V 目には見えない高い磁力線が発生しています。隣接の立木は電磁波を感応して、苦しいので離れようと北側に仰け反り、送電線にそって忌避樹形となりました。50年を超えるハイ電場のジワジワ苦難の […]

この記事を読む

「木」の皮膚科「木識・木学」木の内科樹木調査薬用樹木

白樺内皮の肥大成長分離ライン・バイタルサイン・樹皮層の活性 Insight 木の内科 – 20

阿部蔵之  2016年6月10日(金)

有用樹種「白樺」の樹皮から成長・分離まで内相を診る。対候性・生体ガード、臨死反応・バイタルサイン(生命兆候)を精査する研究はなく、樹皮層の挙動・経時変化を把握する初の樹体内アプローチ。なぜ白樺外皮は割裂しないのか、美しく […]

この記事を読む

「木」とともに生きる「木」と健康「木」と医療「木」と環境「木」と食「木」の文化日本の自然色木と人間の関わり木の内科木の総合学木花・木の実樹木調査薬用樹木

朴の木・日本象徴樹の健やかでユニークな樹性と実力 ブロック材マテリアルトリートメント-04  Insight 木の内科-19

阿部蔵之  2016年3月21日(月)

日本の風土を表す木のイメージカラーを選ぶと言われて、真っ先に朴の芯生材色・鶯色を選びたい。葉枝樹皮には抗菌駆虫薬理成分があり、虫黴びを抑制。刃物当たりや木味よく、自然乾燥早く安定し形崩れしにくい。成長伸び繁殖力は順当で、 […]

この記事を読む

巨樹見学紀行樹木調査環境

木の大学講座 第12期「ブナの時間・トチの時間」の記録 -2 「森林世界遺産級・ブナの王国」

阿部蔵之  2015年7月6日(月)

希にみる「ブナのクライマックス樹林相」極めて貴重な自然森林、三島町入間方・志津倉山麓。二日目は、入山沢周辺部「トチの王国」から繫がる高地、志津倉山中腹の素晴らしい「ブナの王国」を訪問。  里では梅雨空の雲が今にも泣き出す […]

この記事を読む

VITスポット貴重樹木「・・・の木」木と人間の関わり木界木花・木の実樹木調査環境

相生樹 エノキ・サイカチの自生大木 VIT スポット・稀少日本自然樹重要遺産

阿部蔵之  2014年8月4日(月)

共に生きて土地の分かち合い、寄り添い半分ずつ伸びてシェア。対で一体バランスをとる難しい共存関係の姿です。場所取り争う人間は見習うようなV樹景。 異なる樹種は、それぞれの生存適地で大きく成長します。根を張り栄養分を吸収し、 […]

この記事を読む

「木」と信仰「木識・木学」木の内科樹木調査環境

伴立ち樹・黄蘗とミズキの相性 VGTS Very Good Tree Spot 「ツボ」山の神

阿部蔵之  2014年7月21日(月)

山の神が遊居されるベストロケーションは人里を離れて残る貴重な神域樹界。今、周囲樹林地が荒らされて無残、長期間連続で観ると普段は見えない変化が起きています。 自然のシードバンク・DNAストック庫、地表生命維持装置の原動機と […]

この記事を読む

巨樹見学紀行木と人間の関わり樹木調査

オヒョウ楡 マザーツリー観察スポット-1. VIT探訪

阿部蔵之  2014年7月14日(月)

自然林で出会うことが希なオヒョウニレの成木 VIT (Very Important Tree )。大きな母樹をみることができる「重要・稀少樹スポット」次世代若木も傍にありファミリーで域生、密かに野生の大きな木を訪ね行きま […]

この記事を読む

日本の自然色樹木調査環境

裏山の秋。開拓時代薪炭林伐採から、原野自然遷移50年

阿部蔵之  2013年10月28日(月)

何も手を加えないで原野が森林に復活していきます。紅葉・落葉で樹種が識別できる季節に  戦後引き揚げ者による開拓地で、薪炭林の伐採、採草地利用のあと放置された原野は、赤松・白樺が入り、次第にジシャなどの灌木類、胡桃・栗・楢 […]

この記事を読む

巨樹見学紀行木と人間の関わり木工樹木調査

栃の王国-4 巨樹 新月伐採見学会「木の時間」

阿部蔵之  2013年10月19日(土)

最大の地表生物が倒される始終に立ち会い、稀少巨木伐倒の現場迫力・木の時間を体験 春の巨樹見学会のお次は秋の新月伐採見学です。新月:闇夜の日の伐採は、月の引力で木に特別な重力変化が起き、この日に切った木は、火が付きにくく・ […]

この記事を読む

巨樹見学紀行木と人間の関わり樹木調査環境

栃の王国-3 巨樹スポット見学は、生存資源・生命維持装置そのものの体感

阿部蔵之  2013年10月17日(木)

生息する巨樹群は、単独の生命維持ではなく地域内の自然の多様性のなかで持続 栃の王国コミットメントは、樹木の実相・知見を得るコトから始まりました。学校で教えられた専門知識がフィールドの研究現場で役に立たないことがあまりにも […]

この記事を読む

巨樹見学紀行木と人間の関わり樹木調査

栃の王国-2 巨木調査・見学会事前アクセス

阿部蔵之  2013年10月15日(火)

限られた時期だけ入れる巨樹生息地、人が近づけない保安林に貴重な自然状態がのこる 森林踏査で巨樹がかなりあることが判明。順次、道無き沢筋から稜線までを藪こき。地元のマタギの助言・協力をえて要所の地名も判明し、このエリアで2 […]

この記事を読む