「木」と住まい「木」と建築「木歴・木録」日本の自然色木の内科木工木材品質表示・仕様

脂松・赤松の青入り「白太(辺材)落とし、赤身(芯材)使い」がウッドワークの基本 青色腐朽菌は消えず芯央へ拡がる 赤松テーブルの芯材木取り 松ヤニロジンの抗体化成 Insight 木の内科-42

阿部蔵之  2018年4月18日(水)

材質の狂いをなくし、黴び・木喰い虫を抑える「耳・白太落とし」は木材利用の初歩基本。肥大成長する軟質で養分の多い白太(辺材)は水分が多く、乾燥収縮歪みがおきる。抗菌・耐久性のある赤身芯材部だけを使うのがプロの常識でした。 […]

この記事を読む

「木」と建築デザインの目

閑話休題 営業終了26:00  国際的都市は眠らない48時間表示へ ビックリツーリストインフォメーション

阿部蔵之  2017年9月17日(日)

スイス時計会社、空港からのツーリストは驚くですね。24時間表示システムが48時間に突入するバスタ新宿。消防法内装制限はゆるくなり、このぐらいなら外壁・内装材につかえるのかと撮影したのですが。隙間をあければ壁体と見なさない […]

この記事を読む

「木」と住まい「木」と建築「木識・木学」木の内科

シナの木「青」 オオバ菩提樹 日本固有樹種ソリッド材の優れた木肌・美質彩見 Insight 木の内科-24

阿部蔵之  2016年7月19日(火)

 柔和で清楚、穏健でプレーンな材質は、目立たない隠れた有用樹の典型。均質な成長で年輪木目は主張せず、木肌は清潔な微青白素地で人肌に近い。木部は芯央部から辺材色差が少なく均質、静かでクリーンな和風イメージそのもの。清々しく […]

この記事を読む

「木」と建築「木」と環境「木識・木学」デザインの目日本の自然色自然の造形

楢・栗・白樺樹皮御用達  足長・雀 大型蜂のハイセンスで個性的なECO造形 「蜂」と林縁樹木のかかわり

阿部蔵之  2016年6月27日(月)

 毎春、梅雨に入る前に巣作り完成、子育て開始。迷彩模様にして簡素でモノトーンや縞・波紋と多彩。それぞれ独自の形・色分け造作内装。樹種素材調達はお好みあり、ナチュラルカラーコーデイネイト。作風は異なり、それぞれ格好いいのを […]

この記事を読む

「木」と建築ジョイントシステム

頓春・A Happy New Year 2016

阿部蔵之  2016年1月1日(金)

新年のご気分は、なみなみ極上でしょうか。 旧暦迎春、重文継手実測オールドカードで失礼します。   人の繋がりを根接ぎジョイントに託した未完年次レポですが、先人の技を学べる木の文化財の継手根接ぎTSUGITE がエコ面白い […]

この記事を読む

「木」と建築「木」の文化ジョイントシステムデザインの目工芸木工

國政流相伝 -2.「契り」と「楔」の種類 伝統の形・江戸指物技法 -続 木工ジョイント- 20

阿部蔵之  2015年12月21日(月)

相伝によれば、「契り」と「楔」の違いが曖昧になり、近世から現代に至ると大工用語と指物・木工界では異形同語、同義になる。楔(セチ・ケチ・キツ・クサビ)の本来は、門の両柱を「楔」といい、大切なる物体を支えることが字源。扉を取 […]

この記事を読む

「木」と住まい「木」と建築「木」と産業「木と玩具」木と人間の関わり

「ドイツ木材情報サービス」「木」のベストブック-11

阿部蔵之  2015年3月30日(月)

INFORMATIONSDIENST HOLZ  木材情報サービス  自然生物素材の姿、木のある暮らしの魅力や環境を前面に出して、従来の材料的発想や産業技術・経済ベースからの離脱が始まる。当時の環境汚染・森林破壊問題から […]

この記事を読む

「木」と建築「木」と遊びキコリ杣仕事クラフトフェアジョイントシステムデザインの目伝統文化工芸林業・森林の仕事

デザイン・アート化の偏り、遊びの造形軸からシフトしていく先にあるもの

阿部蔵之  2014年11月24日(月)

ポストデザイン・アートクラフトは、作家的職人による実作、現場仕事の技能を活かしプレゼンする試みから派生する気配がしてきました。街中で姿が見えなくなった職人のエスプリを表舞台に上げ、プロの練達習熟した技量・制作パワーを呼び […]

この記事を読む

「木」と医療「木」と建築「木」と芸術「木」と食工芸木と人間の関わり木の総合学

樺・BIRCH 総合的な視点からのアプローチはじまり 「木」のベストブック−10

阿部蔵之  2014年10月20日(月)

生物・材料・家具・建築・医療・芸術分野における「木と人間の関わり」を従来のカテゴリーを越えて総合的にとらえ、樺・Birchの諸相を展示構成。世紀末にスイスでも横断学的な見方が生まれ、樹種素材を編纂した先導的な企画が実現し […]

この記事を読む

「木」と建築「木」の文化伝統文化木工

李朝障子「ワンジャモン」の復元伝統意匠

阿部蔵之  2014年6月2日(月)

正調韓国障子の骨組み・組子 ワンジャモンは「用」之字が基本 温床(オンドル)渋油紙張りの床に韓国紙を壁と天井貼り包みにし、外開口部・窓は雨戸(観音開き・蝶番吊り)の内側に襖引き戸・障子が入ります。室内装飾に組子が大きなデ […]

この記事を読む

「木」と建築「木」と遊び「木」の文化「木」の道具・工具サミットワークハンドツールコネクション伝統文化木工

「削ろう会」のはじまり 鉋台打ち名工・青山駿一の仕事場から 青山鉋店の来歴+日本砥石研究会 長原政則 砥石講座記録 

阿部蔵之  2014年2月25日(火)

たたら見学宿で偶然再会し、先ず「砥石講座」からスタート、鉋削りミクロンを競い楽しむ。専門家・好事連が寄り添うと遊びも大きなムーブメントとなります。 始まりのいきさつ、(世話役 青山・杉村談話より)  1996年 平成8年 […]

この記事を読む

「木」と建築「木」の文化ジョイントシステム伝統文化工芸木工環境

「木」のジョイント 信州の「イナゴ差し」

阿部蔵之  2013年12月20日(金)

竹の「稲子」は町屋の天井板裏に棲み、滅多に観られません。昆虫食佃煮の稲子串刺しも特産 稲子は、天井板の張り合わせ矧目の隙間を押さえる固定ジョイントです。(竹表皮付き)工事後は、見えませんから取り壊し時に現れます。稲子を使 […]

この記事を読む