「木」とともに生きる「木」と環境「木」と芸術「木」の文化「木」の本「木」の歳時記「樹木イメージ・図象」フレーミング工芸庭木・景観樹木と人間の関わり木の総合学自然の造形薬用樹木

「木」の絵本 傑作・秀作・良書 no.27-no.40/500  絵本が教えてくれる樹木の恩恵・命のみなもと 木の総合研究ライブラリー 絵本編 1976 -2017

阿部蔵之  2018年8月22日(水)

樹木は、生き物たちの命もささえていることを教えてくれます。人間は森林から生まれ、木を伐り文明を築きましたが、かけがえのないことにようやく気が付いたばかりです。 海外図書及び国内発行 傑作・秀作「木」の絵本  no.27- […]

この記事を読む

「木」と環境デザインの目

閑話休題 「ゴミにしない、イメージを買わない、再利用」巨匠 Enzo Mari のプラ容器リユースデザイン提案ベストブック 「ECOLO」1992

阿部蔵之  2018年6月23日(土)

Enzo Mari のペットボトル・プラ容器転用デザインソリューションズ   “THE ECOLO” vase is a design by Enzo Mari to ALESSI (1 […]

この記事を読む

「木」と政治「木」と環境「木歴・木録」木の内科林業・森林の仕事環境

赤松林衰弱立ち枯れ・青色腐朽菌の拡がりと抗体抗菌反応バイタルサイン  Waldsterben 松林枯死進行 Insight 木の内科-41

阿部蔵之  2018年4月18日(水)

各地で松喰い虫被害防除の農薬散布を続けて半世紀あまり、松枯れは止まらない。「赤松枯れ死」イコール「松喰い虫被害」ではなく、台風・大気汚染・酸性雨・雪雨氷、土壌変化、寿命、都市化等による衰弱で昆虫や腐朽菌がとりつき立ち枯れ […]

この記事を読む

「木」と環境「木」と芸術デザインの目修複・保存工芸環境

アート作品には「木枠」がツキモノ。「フレーミング」を知ることは上質の仕事を拡げ、専問性を高めます。「木の大学特別講座2018 」予講ガイダンス

阿部蔵之  2018年3月21日(水)

私たちの暮らしは建築からファーニッシング、額縁、思考行動まで「枠」をはめ、いろいろな枠組み・フレームに囲まれています。枠無しでは、どうもサマにならない、締まらない不安定さを感じてしまう。境界となる「枠」や「辺縁」をつける […]

この記事を読む

「木」と政治「木」と環境木と人間の関わり林業・森林の仕事環境

松山枯れは、どんなに農薬を散布してもとまらない。 1960年代からの岐阜県林政部の対策先例と定見 赤松林伐採後の杉植林と柿果樹栽培産地の半世紀後 里山辺東山山麓の赤松枯れ、ニューヨーク州ASH枯れ対策の現在  2017秋

阿部蔵之  2017年11月9日(木)

現在、松本市では「松枯れ防除ネオニコ農薬散布差しどめ行政訴訟」がはじまりました。こと人体・食・生態系にかかわる重大な事案ですから、森林樹木の研究者・林業専問職は、過去の対策から得た様々な経験と知見の提供、最善のソリューシ […]

この記事を読む

「木」とともに生きる「木」とファッション「木」と信仰「木」と健康「木」と医療「木」と環境「木」と産業「木」と神話・伝説「木」と遊び「木」と食「木」の人名・地名「木」の文化「木」の本「木」の歳時記「木のぼり」「木識・木学」伝統文化修複・保存工芸庭木・景観樹日本の自然色木と人間の関わり木と文芸木の総合学木花・木の実樹木箴言・格言環境

「柿」スーパーフルーツツリー・生活共生樹 「木の総合学」のための良書 ベストブックライブラリー 2017

阿部蔵之  2017年11月3日(金)

「木と人間の関わり」を総合的に研究するための資料は、引用・コピーではなく、可能な限り現物とオリジナルを収集します。複写・複製では本来の凄みや実感が削ぎ落とされ、資料力が殺がれてしまう。 1975年から現在までに出会った図 […]

この記事を読む

「木」と環境「樹木イメージ・図象」庭木・景観樹日本の自然色

合歓の木も仰け反る国道路側帶 静かに眠れず美しい花は短く佐久平 ストレス順応切ない樹形 R142

阿部蔵之  2017年6月20日(火)

「ネムノキ」は、エキゾティックな花ビラをつけ、妖しくはかなく美しい。珍しい並木は道際で動けず、大型トラックにぶつけられたくないから、自ずとよけるのけぞり姿勢で20年。樹幹は拡がり伸び、危険を察知して徐々に曲がりくねります […]

この記事を読む

「木」とともに生きる「木」と環境デザインの目樹木調査環境

高圧送電線電磁波にのけぞる赤松林樹姿 鳥獣保護区樹木のダメージ・苛酷な被圧反応から見えてくるもの

阿部蔵之  2017年6月18日(日)

中信北信特別高圧線 154,000V 目には見えない高い磁力線が発生しています。隣接の立木は電磁波を感応して、苦しいので離れようと北側に仰け反り、送電線にそって忌避樹形となりました。50年を超えるハイ電場のジワジワ苦難の […]

この記事を読む

VITスポット貴重樹木「木」と環境環境

大きな「小柿の木」がデンパの邪魔だとバッサリ伐り倒された里山にも電磁波シャワー

阿部蔵之  2017年6月12日(月)

大きな柿の木は   アッサリ   バッサリ     細切れ幹枝ドッサリ 携帯電波サビスの邪魔と山の畑の自生の大きな小柿の木が倒されて 今は鉄柱アンテナが制空しています。鳥さん熟実を食べていたのに バッサリ 電波の来ない圏 […]

この記事を読む

「木」と環境「木識・木学」ジョイントシステム木界

閑話休題 地下菌媒体による樹根おしゃべりネットワーク ミクロバイオータ異次元通信コネクション

阿部蔵之  2016年9月7日(水)

「樹木は根から土壌の菌媒体でコミニケーションしている」 先端研究紹介/ YALE environment 360 01 SEP 2016: INTERVIEW Exploring How and Why Trees ‘T […]

この記事を読む

「木」と環境ジョイントシステムデザイン木工

90年間色あせないプログラムファニチャーデザイン EIN MÖBEL BUCH 家具のベストデザインブック -02

阿部蔵之  2016年9月3日(土)

家具の基本機能をコンポーネントで組み合わせるプログラム構成家具のオリジナルデザイン提案は、図面ではなく基本モデル群を実作。プレゼンテーションに本を印刷し刊行。バウハウスと同期・連関したデザイン手法は、斬新さが失われずに現 […]

この記事を読む

「木」と建築「木」と環境「木識・木学」デザインの目日本の自然色自然の造形

楢・栗・白樺樹皮御用達  足長・雀 大型蜂のハイセンスで個性的なECO造形 「蜂」と林縁樹木のかかわり

阿部蔵之  2016年6月27日(月)

 毎春、梅雨に入る前に巣作り完成、子育て開始。迷彩模様にして簡素でモノトーンや縞・波紋と多彩。それぞれ独自の形・色分け造作内装。樹種素材調達はお好みあり、ナチュラルカラーコーデイネイト。作風は異なり、それぞれ格好いいのを […]

この記事を読む

「木」とともに生きる「木」と健康「木」と医療「木」と環境「木」と食「木」の文化日本の自然色木と人間の関わり木の内科木の総合学木花・木の実樹木調査薬用樹木

朴の木・日本象徴樹の健やかでユニークな樹性と実力 ブロック材マテリアルトリートメント-04  Insight 木の内科-19

阿部蔵之  2016年3月21日(月)

日本の風土を表す木のイメージカラーを選ぶと言われて、真っ先に朴の芯生材色・鶯色を選びたい。葉枝樹皮には抗菌駆虫薬理成分があり、虫黴びを抑制。刃物当たりや木味よく、自然乾燥早く安定し形崩れしにくい。成長伸び繁殖力は順当で、 […]

この記事を読む

MT マテリアルトリートメント「木」と住まい「木」と健康「木」と環境「木歴・木録」木工

オニグルミ無垢ブロック材の自然乾燥17年テスト 素材価値を髙めるためのマテリアルトリートメント-02

阿部蔵之  2016年3月7日(月)

 自然木素材を身の回りに配置することが、住まいの心地良さやメディカルケアーに繫がることを知って、ストレスを和らげ、環境ダメージからガードする道が開ける。ソリッド材をマッシブに使うことは、人の体内活動・生理機能を穏やかに維 […]

この記事を読む

「木」と環境「木歴・木録」キコリ杣仕事木の内科林業・森林の仕事

厳冬期氷雨倒木 自然災害現場からのベストサンプリング 木の内科-17

阿部蔵之  2016年2月29日(月)

 数十年周期に希に起こる厳冬期氷雨で、谷北斜面の森林が雨氷霧氷とトリプル着雪氷、過重に耐えきれず幹折れ倒木。例年の烈風倒木に比べ大規模・ダメージが激しく、道路遮断、架線電断して災害出動。新月近くの立春前伐採材は、まだ眠り […]

この記事を読む

「木」と環境「木歴・木録」木の内科環境

山藤の厳冬期雪氷雨レア-サンプル 花美しく左巻き・異形奇怪な取り憑き 藤蔓Insight 木の内科-16

阿部蔵之  2016年2月22日(月)

美しい花をつけ、捩れくねる藤蔓を厳冬積雪期氷雨倒木で初めてのカットサンプルに。巻き付いていた蔓を切るほどに、目をパチクリ。渓谷自然災害の片付けから、奇怪な得がたいフレッシュ研究マテリアルとなる。 山藤蔓は左巻き。登り絡む […]

この記事を読む

「木」と環境木と人間の関わり林業・森林の仕事

放置落葉松人工植林の氷雨・台風倒木頻発 電力通信ケーブル切断の人災が続く電断の日々

阿部蔵之  2016年2月1日(月)

 立春近く、気温逆転現象で10年に一度程度の「氷雨 Icy rain 」が樹枝に結氷し折裂・倒木が発生、災害出動。近年は、その間隔が短くなり、枝葉に凍り付いたガラスの森になります。 上空は低気圧雨、地表は凍結状態では枝葉 […]

この記事を読む

「木」と環境「木識・木学」キコリ杣仕事巨樹見学紀行木の内科木の総合学

木の大学講座 第12期 「ブナの時間・トチの時間」の記録

阿部蔵之  2015年7月3日(金)

多分野の専門職のご参加をいただき、第一線の高度な内容と素晴らしい原生自然林のフィールドワークを一体にした講座が無事終了。卓越したプロフェッショナルの仕事や先達の知見を直接学ぶ機会になりました。「木」の現場のマスター技能を […]

この記事を読む