「木」と政治「木」と環境「木歴・木録」木の内科林業・森林の仕事環境

赤松林衰弱立ち枯れ・青色腐朽菌の拡がりと抗体抗菌反応バイタルサイン  Waldsterben 松林枯死進行 Insight 木の内科-41

阿部蔵之  2018年4月18日(水)

各地で松喰い虫被害防除の農薬散布を続けて半世紀あまり、松枯れは止まらない。「赤松枯れ死」イコール「松喰い虫被害」ではなく、台風・大気汚染・酸性雨・雪雨氷、土壌変化、寿命、都市化等による衰弱で昆虫や腐朽菌がとりつき立ち枯れ […]

この記事を読む

「木」と環境「木」と芸術デザインの目修複・保存工芸環境

アート作品には「木枠」がツキモノ。「フレーミング」を知ることは上質の仕事を拡げ、専問性を高めます。「木の大学特別講座2018 」予講ガイダンス

阿部蔵之  2018年3月21日(水)

私たちの暮らしは建築からファーニッシング、額縁、思考行動まで「枠」をはめ、いろいろな枠組み・フレームに囲まれています。枠無しでは、どうもサマにならない、締まらない不安定さを感じてしまう。境界となる「枠」や「辺縁」をつける […]

この記事を読む

「木」と芸術「樹木イメージ・図象」環境

閑話休題 色あせる「今日のエコロジー AUJOUD’ HUI L’ECOLOGIE 」Blue Shadow by Jean-Michel Folon

阿部蔵之  2018年3月1日(木)

COMITE DE SOUTIEN A BRICE  LALONDE  Paris  1981 「環境世代」政党支援委員会ポスター1981・パリ   グラフィックデザイン作画: J. Mフォロン 現在、環境エコロジー運動 […]

この記事を読む

「木」と住まい「木」と教育デザイン環境

建築設計バレッティンBuilding Bulletin から室内・家具デザイン公報 Design Bulletinへ 1972オリジナル・クラシック エディションの再見  英国環境省デザインバレティン・ベストブック- 続  

阿部蔵之  2018年2月13日(火)

他国の先行デザインワークを参考にする時は、形・仕様、加工技術・ハード面だけでなく、プロジェクトの性格や背景、リスクそのソリューションまで総合的に把握します。メンテナンス、修理再生への配慮、安全性など付随するものを削ぎ落と […]

この記事を読む

ジョイントシステムデザインの目工具・刃物環境産業イノベーション

替刃式鋸全盛 柄装着ジョイント機構のデザインレビュー 修理も目研ぎも再活もしないハイテク刃物工業製品の使い捨てブレーク ジョイントシステム-27

阿部蔵之  2017年11月15日(水)

使い捨て替刃が世界に広がり、鋸の歴史も大きく変わります。安い・切れる・長持ちで便利。目立て修理や回収再利用はしないのでハイテク鋼材の使い捨ては資源・環境をそこね、産業の在続を歪めるもの。替刃式鋸刃と柄ジョイント脱着・係止 […]

この記事を読む

「木」と政治「木」と環境木と人間の関わり林業・森林の仕事環境

松山枯れは、どんなに農薬を散布してもとまらない。 1960年代からの岐阜県林政部の対策先例と定見 赤松林伐採後の杉植林と柿果樹栽培産地の半世紀後 里山辺東山山麓の赤松枯れ、ニューヨーク州ASH枯れ対策の現在  2017秋

阿部蔵之  2017年11月9日(木)

現在、松本市では「松枯れ防除ネオニコ農薬散布差しどめ行政訴訟」がはじまりました。こと人体・食・生態系にかかわる重大な事案ですから、森林樹木の研究者・林業専問職は、過去の対策から得た様々な経験と知見の提供、最善のソリューシ […]

この記事を読む

「木」とともに生きる「木」とファッション「木」と信仰「木」と健康「木」と医療「木」と環境「木」と産業「木」と神話・伝説「木」と遊び「木」と食「木」の人名・地名「木」の文化「木」の本「木」の歳時記「木のぼり」「木識・木学」伝統文化修複・保存工芸庭木・景観樹日本の自然色木と人間の関わり木と文芸木の総合学木花・木の実樹木箴言・格言環境

「柿」スーパーフルーツツリー・生活共生樹 「木の総合学」のための良書 ベストブックライブラリー 2017

阿部蔵之  2017年11月3日(金)

「木と人間の関わり」を総合的に研究するための資料は、引用・コピーではなく、可能な限り現物とオリジナルを収集します。複写・複製では本来の凄みや実感が削ぎ落とされ、資料力が殺がれてしまう。 1975年から現在までに出会った図 […]

この記事を読む

「木」とともに生きる「木」と環境デザインの目樹木調査環境

高圧送電線電磁波にのけぞる赤松林樹姿 鳥獣保護区樹木のダメージ・苛酷な被圧反応から見えてくるもの

阿部蔵之  2017年6月18日(日)

中信北信特別高圧線 154,000V 目には見えない高い磁力線が発生しています。隣接の立木は電磁波を感応して、苦しいので離れようと北側に仰け反り、送電線にそって忌避樹形となりました。50年を超えるハイ電場のジワジワ苦難の […]

この記事を読む

VITスポット貴重樹木「木」と環境環境

大きな「小柿の木」がデンパの邪魔だとバッサリ伐り倒された里山にも電磁波シャワー

阿部蔵之  2017年6月12日(月)

大きな柿の木は   アッサリ   バッサリ     細切れ幹枝ドッサリ 携帯電波サビスの邪魔と山の畑の自生の大きな小柿の木が倒されて 今は鉄柱アンテナが制空しています。鳥さん熟実を食べていたのに バッサリ 電波の来ない圏 […]

この記事を読む

「木」と環境「木歴・木録」木の内科環境

山藤の厳冬期雪氷雨レア-サンプル 花美しく左巻き・異形奇怪な取り憑き 藤蔓Insight 木の内科-16

阿部蔵之  2016年2月22日(月)

美しい花をつけ、捩れくねる藤蔓を厳冬積雪期氷雨倒木で初めてのカットサンプルに。巻き付いていた蔓を切るほどに、目をパチクリ。渓谷自然災害の片付けから、奇怪な得がたいフレッシュ研究マテリアルとなる。 山藤蔓は左巻き。登り絡む […]

この記事を読む

巨樹見学紀行樹木調査環境

木の大学講座 第12期「ブナの時間・トチの時間」の記録 -2 「森林世界遺産級・ブナの王国」

阿部蔵之  2015年7月6日(月)

希にみる「ブナのクライマックス樹林相」極めて貴重な自然森林、三島町入間方・志津倉山麓。二日目は、入山沢周辺部「トチの王国」から繫がる高地、志津倉山中腹の素晴らしい「ブナの王国」を訪問。  里では梅雨空の雲が今にも泣き出す […]

この記事を読む

クラフトフェアデザイン工芸木と人間の関わり環境

クラフトフェアの社会的信頼 CSR Crafts Social Reliability を嗅ぎとる未来展望力

阿部蔵之  2015年2月9日(月)

クラフトフェア プレゼンテーションパネル 試作提案 2011 CFRAFTS FAIR MATSUMOTO   The Largest Open Air Exhibition in Japan, in coming to […]

この記事を読む

VITスポット貴重樹木「・・・の木」木と人間の関わり木界木花・木の実樹木調査環境

相生樹 エノキ・サイカチの自生大木 VIT スポット・稀少日本自然樹重要遺産

阿部蔵之  2014年8月4日(月)

共に生きて土地の分かち合い、寄り添い半分ずつ伸びてシェア。対で一体バランスをとる難しい共存関係の姿です。場所取り争う人間は見習うようなV樹景。 異なる樹種は、それぞれの生存適地で大きく成長します。根を張り栄養分を吸収し、 […]

この記事を読む

デザインの目日本の自然色環境自然の造形

美ヶ原亜高山帯の蝶と植物 上條真俉先生の壁書 乱獲者への怒り檄文

阿部蔵之  2014年7月28日(月)

25年で貴蝶種は、ほぼ絶滅。鬼ぐるみの若葉を食べるオナガシジミは卵付き枝を持ち去られ、一頭も見なくなりました。絶滅するまで捕り尽くすのでおしまい。沈黙の盛夏 美ヶ原の蝶と植物_t-1 美ヶ原少年の家指導員 上條真俉 玄関 […]

この記事を読む

「木」と信仰「木識・木学」木の内科樹木調査環境

伴立ち樹・黄蘗とミズキの相性 VGTS Very Good Tree Spot 「ツボ」山の神

阿部蔵之  2014年7月21日(月)

山の神が遊居されるベストロケーションは人里を離れて残る貴重な神域樹界。今、周囲樹林地が荒らされて無残、長期間連続で観ると普段は見えない変化が起きています。 自然のシードバンク・DNAストック庫、地表生命維持装置の原動機と […]

この記事を読む

デザインの目日本の自然色環境自然の造形

おしゃれな遠州三河のアサリ、梟フェイス蛾の擬態は自然界の絵師

阿部蔵之  2014年3月18日(火)

浅利さんは富士山や南アルプス山系を描き、真夜便の蛾は梟に化けてファッションデザインを遊び装います。  春が近づく2月末、松本地方に出回る浜名湖のフレッシュ青のりに胃袋が目覚めます。3月中旬からは、駿河・三河産アサリがスパ […]

この記事を読む

「木」の道具・工具林業・森林の仕事環境

きこりが語りだす山学校2014  卓越木樵 五十嵐 馨

阿部蔵之  2014年3月4日(火)

自然と向き合う仕事、地域・森林の現場からのメッセージ 福島オペレーションー3. 木を伐り、樹を植え、見守る男のストーリーが始まる。飛来渡り旅職ではなく、ドイツの森番・森林官のように地域に住み、森林にかかわることが最も確実 […]

この記事を読む

「木」のミュージアムクラフトフェア工芸環境

まつもとクラフツハウス・ミュージアム構想はじめ

阿部蔵之  2014年1月21日(火)

 Crafts House Museum in Matsumoto, an idea conception 日本中にクラフトフェアイベントを伝播した30年余りの活動実績は、地域に有益なものを育み、時代を動かし、人に適う […]

この記事を読む